ピッコマ|シンデレラを大切に育てました【第8話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画シンデレラを大切に育てましたは、Sunset・Kiarne先生の作品です。

シンデレラの世界に転生⁉

でも私が転生したのは、よりによって「継母」だった!

二度も夫と死別し、娘3人の子育てに追われる37歳。

「キスしてもいいですか?」 さらには私を翻弄する男まで現れて…

\ 全話更新中! /

シンデレラを大切に育てましたのネタバレ一覧

スポンサードリンク

シンデレラを大切に育てました【第8話】のあらすじ・ネタバレ

娘たちと同世代の街でぶつかった青年について知りたいと考えたミルドレッド。

しかしウィルフォード男爵は、彼について曖昧な返事を繰り返していました。

ウィルフォード男爵「私があれこれ教えている子です」

ミルドレッド「何を教えているんですか?」

ウィルフォード男爵「言葉通り色々です」

アシュリー「仕事を教えているんですか?」

ウィルフォード男爵「仕事を教えることもあります」

リリー「男爵はどんなお仕事をなさっているんですか?」

「失礼じゃなければ…」

ミルドレッド(そうそう)

(相手の個人情報を聞くときは、遠回しに聞くのが社交界での礼儀)

(それかリリーのように付け足すのもありだ)

ウィルフォード男爵「色々やってます」

アイリス「それじゃ”白いドレス”とはもともと取引をしてたんですか?」

ウィルフォード男爵「いえ。私は取引をしたことはありません」

ミルドレッド(おもしろいわね)

(アイリスは女性用衣装室である”白いドレス”との取引の有無を聞くことによって、夫人や娘がいるのかを聞き出そうとしたけど)

(ダニエルは直接取引をしたことがないと答えることで、結婚しているのか子供がいるのか分からないようにした)

アシュリー「男爵、奥様は?」

ミルドレッド(そんな直球で…アシュリー!!)

これまでのやりとりが全て無駄になってしまうほどの、アシュリーの直球な質問は、食事会の雰囲気を最悪なものにしてしまいました。

ここはミルドレッドが間に入るしかなく、ミスを隠すつもりで家族の話はしたことがありませんでしたねなんて笑いかけてみますが、ウィルフォード男爵は全てお見通しといった表情を浮かべているのです。

 

それからウィルフォード男爵は、父親を一昨年亡くしたという話をしてきました。

しかし悪いことを聞いてしまったという反応をするミルドレッドに対しては、そこまで仲がよかったわけじゃないから大丈夫だと微笑むのです。

父と息子の関係なんてそんなもんだと言いますが、それでも親子。

悲しくないわけがないとミルドレッドは考えています。

ウィルフォード男爵はそれはそうだとしながらも、それ以上は家族について語らず、今度はウィルフォード男爵の家族関係を知りたいと話題を切り替えるのです。

ミルドレッド(言いたくないってことか…秘密の多い男ね)

”彼に目をつけられた人間はいつも不幸な目に遭うんだよ”

ミルドレッド(何か失言でもしちゃったかな)

適切な距離を保ちながら…

自分の家族について話さない男に、自分の夫の話をする必要はないだろうと判断したミルドレッド。

両親はすでに亡くなっていて、兄についてはご存知の通りというざっくりした家族に関する話をして、ゲリとの出会いについて尋ねます。

ウィルフォード男爵がゲリと出会ったのは、妖精の泉でした。

ゲリはどうやらレシピ欲しさに、シェフのスカウトへ行っていたようです。

それを聞いたミルドレッドは、ゲリの鼻を折っておいてくれたかと笑うのです。

兄妹なのにゲリの味方をしないなんてと驚かれますが、そもそも失礼なことをしたのはゲリであるために、何のフォローのしようもありません。

しかしそのお詫びとして、ウィルフォード男爵は昨日のパーティーに招待されたことはわかりました。

 

そんな風にしてあれこれ話していると、あっという間に全員料理を完食してしまいました。

デザートにアップルパイを作っていたので、それを取りに行こうと立ち上がります。

ウィルフォード男爵は、アップルパイも同じシェフが作ったものなら楽しみだと言い、ミルドレッドを喜ばせます。

それにしてもまさかミルドレッド自身が料理を作っているだなんて思わなかったようで、先の野菜と一緒に焼いたチキンも作ったんだと打ち明けると、目を丸くして驚いています。

それは楽しみだと笑顔を見せながらも、先に家を見学したいだなんて言い始めます。

ウィルフォード男爵「こちらはずいぶん古いと聞きました。古風な建物を見るのが好きで気になっていたんです」

「ご迷惑であればお気になさらずに」

ミルドレッド(そういえば鑑定が上手って言ってたな)

ミルドレッド「分かりました。古い建物なので隅々まで手が行き届いていませんが…」

ミルドレッド(メイドがいないってこともできる限り隠さないと…)

スポンサードリンク

家の見学…だけじゃない!?

ミルドレッドは娘たちと一緒に、ウィルフォード男爵に家の中を案内しています。

この家は夫が丸ごと買い取ったものであることや、前の住人が貴族だったこと、維持するのが大変で売りに出ていたのを買ったことなど、20年ほど前の話をきかせながら進みます。

あれこれと家の話をするので、こういう古風な建物を見るのが好きだって言っただろうと、ウィルフォード男爵はフォローしてくれます。

ミルドレッド「見るのが好きなんですか?買うのはどうですか?」

ウィルフォード男爵「うーん…どうでしょう」

「1人で暮らすには大きすぎます」

ミルドレッド「お子さんは?」

ウィルフォード男爵「まだ未婚です」

ミルドレッド「あら」

ウィルフォード男爵「私が未婚だと夫人にとって何か良くないことでもあるんですか?」

ミルドレッド「私にとっては良くも悪くもありません」

ミルドレッド(娘たちと同年代の友達を探すのってこんなに大変なんだ)

 

するとウィルフォード男爵はミルドレッドに近づき、2人きりになれると思っていたのにと伝えてきました。

しかしミルドレッドは娘たちにとって見本の存在。

未婚女性と男性を2人きりにしてはいけないという昔からの慣習が貴族社会にはあるため、そうするわけにはいかないのです。

ミルドレッド(それを差し置いても)

(こんな色気のある男と、娘たちを2人きりにするわけにはいかない)

(リリーが危ない…)

\ 全話更新中! /

シンデレラを大切に育てましたのネタバレ一覧

シンデレラを大切に育てました【第8話】の感想

本当に全然何も教えてくれないじゃないですか!!

なんであんなに隠す必要があるんでしょう…

逆にめちゃくちゃ怪しく思えてきます。

それでいてミルドレッドのことは色々と知りたがるのは、何か行動を起こすのに情報が必要なのかもしれないですよね。

さらには家の中を見せて欲しいなんて言い始めちゃいました。

私なら怖くて絶対に見せられないなと思ったのですが、どうしてミルドレッドは受け入れることができたのでしょう。

何か彼に惹かれるところがあるのか、はたまた魔法をかけられていたりして…?笑

そういえば結局あの指輪はどうなったのかも分かりませんよね。

 

それにしても最後の部分で、ミルドレッドと2人きりになりたかったと言われたにも関わらず、若い未婚の女性と2人きりにさせられない(特にリリーのことを心配だ)と思ったのはどうしてなんでしょう?

そんな描写があるように思えなかったので、どうしてこんな風な流れになったのかという疑問が残る回でした。

どこかで何か見落としているのかもしれませんが、次回その辺りも明らかになってもらいたいです。

ウィルフォード男爵の態度にモヤモヤが募るばかりで、スッキリする部分がほしいです…。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のシンデレラを大切に育てました【第8話】のネタバレをご紹介しました。

シンデレラを大切に育てましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク