ピッコマ|シンデレラを大切に育てました【第6話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画シンデレラを大切に育てましたは、Sunset・Kiarne先生の作品です。

シンデレラの世界に転生⁉

でも私が転生したのは、よりによって「継母」だった!

二度も夫と死別し、娘3人の子育てに追われる37歳。

「キスしてもいいですか?」 さらには私を翻弄する男まで現れて…

\ 全話更新中! /

シンデレラを大切に育てましたのネタバレ一覧

スポンサードリンク

シンデレラを大切に育てました【第6話】のあらすじ・ネタバレ

ミルドレッドの放した手を、再び取るウィルフォード男爵。

それから「あの指輪を売るのは難しいって言ったじゃないですか」と意味深な発言をするのです。

もしかすると魔法でもかけたのではないかとミルドレッドは考えますが、それを聞いたウィルフォード男爵は、なんだか1人楽しそうに笑っています。

 

ウィルフォード男爵「どうやら本当に売ろうとしたわけではないみたいですね」

ミルドレッド(そんな暇もなかった)

(子供たちと家の大掃除をするので忙しかったから)

(それに暇を盗んでダビナとドレスのデザインを確認していたし)

ミルドレッド「もし指輪を売ったら私の身に何か起きていたとでも言いたげですね」

ウィルフォード男爵「いいえ夫人」

「もし夫人が指輪を売ろうとしたなら、私の耳に入っていたはずだということです」

ミルドレッド「本当に魔法でもかかってるんじゃないですか?」

本当に言っている意味が分からず混乱するミルドレッドですが、なぜかウィルフォード男爵はずっと笑っています。

しかしからかうつもりがあったわけではなく、ミルドレッドが自分のことを何も知らないのがあまりに新鮮だったんだと説明しながら、今度は腰に手を回すのです。

彼のことを何も知らない自分が新鮮だと笑われるなら、きっとかなりの有名人に違いないと思えますが、それについてもウィルフォード男爵は曖昧な返事をしてミルドレッドを混乱させます。

 

ミルドレッド「失礼ですがウィルフォード男爵。社交界に入ってからどれくらい経つんですか?」

「私の年齢を聞いているのであれば夫人をエスコートするのに十分な年齢です」

「女性をエスコートするのはデビューしたばかりの男性も可能です。20歳の青年のように扱ってほしいならそうしますが」

ウィルフォード男爵「もし可能ならお願いしたいですね」

ミルドレッド「年長者をからかわないでください」

ウィルフォード男爵「私が年長者にどういう風に接するのか知ったら」

「驚かれると思いますよ」

ウィルフォード男爵は、ミルドレッドが席につくのをエスコートしてくれますが、やはりまだまだ何を考えているのか掴ませてはくれないのです。

悪い噂

食事会がフリータイムに入りました。

サンドラと話しているとゲリがやってきて、ウィルフォード男爵と仲が良いんだなと話しかけてきました。

ゲリは、サンドラの方にチラッと視線を送ると、彼とはあまり親しくしない方がいいと助言してきたのです。

その理由を尋ねてみても、彼に目をつけられた人間がいつも不幸な目に遭うとしか教えてもらえません。

ウィルフォード男爵が嫌いな人に嫌がらせをするわけではないものの、とにかくよくないことが起こるんだとゲリは困った顔して言っています。

しかし男爵が何かしているわけではない以上、納得のいかないミルドレッド。

すると、サンドラもあまり仲良くしすぎないように注意した方が良いと、ゲリの言いたいことを要約して伝えてきます。

2人にウィルフォード男爵との関係を指摘されたミルドレッドは、それならどうしてそんな危険な人を招待したのかと問いかけるのです。

 

ゲリ「それは…」

「顔が広いうえ経営手腕が優れているからな。見識も高いと聞いている」

サンドラ「鑑定が上手なんですって」

ミルドレッド「そうなんですか」

ミルドレッド(ミルドレッドの家には古い家財がたくさんある。フレッドが没落貴族から家と一緒に丸ごと譲り受けたもの)

(一度家に招待して鑑定してもらうのはどうだろう?)

ゲリ「それに彼と親しくなってお前の目が高くなったら困るだろ」

サンドラ「ゲリ!」

ミルドレッド「お兄様、もう一度言ってください」

ゲリ「彼は容姿端麗だしお前はまだ若い。いつまでもバンスを待つわけにはいかないだろう?」

ミルドレッド(ゲリがミルドレッドを心配する気持ちは分かるが、これはあまりに失礼だ)

ミルドレッド「お兄様、私はフレッドを待つ気はありません」

「少し前に彼の遺体が発見されたという連絡を受けました」

サンドラ「そんな…ミル大丈夫なの?」

ミルドレッド「大丈夫です」

「いつかこんな日が来ると思ってました」

ミルドレッド(フレッドが生きて戻ってくるあるいは遺体で発見される日を、ミルドレッド自身いつも待っていたから)

(フレッドの帰りを願う気持ちの方が大きかったけど…)

ゲリ「すまない。ミル」

ミルドレッド「お兄様が本当に反省しているかどうかはこの先分かるでしょう」

ミルドレッド(度量の狭いゲリが本心で謝罪したとは思えない)

(今も心の中でミルドレッドの3番目の夫にふさわしい人物を探しているだろう)

スポンサードリンク

それでもミルドレッドは…

ゲリたちとの話を終え、帰ろうとするミルドレッドを呼び止めたのはウィルフォード男爵でした。

彼は反応に困ってしまうほど顔を近づけて、どうやって帰るのかとミルドレッドに尋ねます。

バンス家には馬車がないので貸馬車を呼ぶか、サンドラに貸してもらうかしかありません。

しかしここは「…さぁ」とわざと答えてみることにしました。

するとウィルフォード男爵は、ミルドレッドを送ると言い出したのです。

さっき彼と仲良くしない方が良いと言ったばかりなのに、一緒に帰っていく姿を見てゲリはたいそう機嫌が悪そうにしていました。

\ 全話更新中! /

シンデレラを大切に育てましたのネタバレ一覧

シンデレラを大切に育てました【第6話】の感想

ウィルフォード男爵、本当に何も掴ませてくれませんね。

ゲリが心配しているのもなんだか納得いく気がします。

元々兄妹仲があまり良くないのかミルドレッドは耳を傾けようとすらしませんが…

それにしてもどうしてウィルフォード男爵の周りにいる人が不幸になっちゃうんでしょう。

それこそ本当に魔法が使えるとか?

なんだかだんだんシンデレラどころの話じゃなくなってきた気がします。

ウィルフォード男爵の周りで起こる不幸な事件の数々…

そんな彼がミルドレッドに近づく理由…

全く読めないですよね。

ミルドレッドの家財を狙ってる?とも思いましたが、社交界からしばらく離れていたミルドレッドに関するあれこれを果たしてそんな情報どこで手に入れたのかもわかりません。

謎多き男な上に、それをうまく隠してくるので全く読めなくて、私はかなり混乱してきています。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のシンデレラを大切に育てました【第6話】のネタバレをご紹介しました。

シンデレラを大切に育てましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク