ピッコマ|ある継母のメルヘン【第23話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「ある継母のメルヘン」は、ORKA先生、Spice&Kitty先生の作品です。

若くして4人の子供たちの継母となったシュリー・フォン・ノイヴァンシュタイン侯爵夫人。

沢山の別名をつけられてきた彼女ですが、誰に何と言われようと子供たちと家を守っていくことが大切でした。

無事に長男であるジェレミーの結婚が決まるのですが、結婚式には呼んでくれない様で・・・。

そのことをきっかけにシュリーは動き出したのですが・・思わぬ事故で目を覚ますとそこは侯爵邸の部屋だったのです!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ある継母のメルヘンのネタバレ一覧

スポンサードリンク

ある継母のメルヘン【第23話】のあらすじ・ネタバレ

今日のような大きなパーティーでは、どこかのグループに属する必要があります。

ですがこのような場でのシュリーの立ち位置はとても曖昧。

同じ年ごろの既婚者たちは、私邸での新婚生活を満喫ていたり、出産などの関係でパーティーには参席しておらず、相手を見つける為に社交界へ足を踏み入れたばかりの未婚の令嬢たちとは、共通の話題を見つけるのが難しいのです。

だからと言って女性の参加を退ける男性たちの派閥に混じわるわけにも、さらに幼い令嬢たちの集まりに加わるわけにもいかない。

ですからシュリーが今狙うべきは・・・。

ルクレツィアからの話

シュリー「バイエルン夫人、ハテンシュタイン夫人、皆さまようこそお越しくださいました」

沢山の夫人たちの中に入り、挨拶をするシュリー。

食事に対して褒めてはくれますが、その目はどこか冷たいもの。

すると一人の女性が、パーティーは主人の好みを表す鏡であり、私は満足したのだか皆さんはどうですか?と質問し始めます。

他の夫人たちも久しぶりに楽しい夜を過ごしていること、同感だという意見が集まりました。

シュリー「皆様が私の正体に応じてくださったおかげです」

がらんとしたホールで一人パーティーを楽しむことはできないので、こんな風に着て頂けて本当に嬉しいと笑顔を見せました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますというシュリーの言葉に、夫人たちはもちろんだと笑顔を見せました。

「ところで少し妙な噂を耳にしまして・・・」

と話題を振る夫人が一人。

周りはもう訊くのか?と少し止める方もいましたが、シュリーは私に関する話でしょうか?とすぐに話題に乗りました。

 

「大したことはないのですが・・・。先日サロンで偶然セバスティアン伯爵夫人と会ったのですが、悔しくて言葉にならないと涙を流しておられましたの!」

もちろん彼女の話を全て信じているわけではないが・・・何であれ両者の言い分を聞いてみた方がいいという判断なのだそうです。

シュリー「・・・何のお話かは分かる気がします。全ては私の未熟さが招いたことでした」

そしてシュリーは、夫が子供たちのことをいつも思いやっていたことから始め、彼がいなくなった後の穴がとても大きく、夫人にお願いしたんだと話を続けます。

ここにとどまって子供たちの相手をして欲しいと伝えたこと、そうすれば子供たちももっと早く落ちつくだろうち思ったことを素直に話します。

シュリー「しかし、あの方の教育方針はあまりにも厳格でした。私のことをよく思っていらっしゃらないことはわかっていましたが、そんな理由で子供たちまで傷つけるのは許されないと思いました」

そのために夫人に無礼を働いてしまったんだと、素直に話したのです。

夫人たちは「キズ?」とはなんなのだろうか?セバスティアン夫人たちの性格について、ひそひそと話し始めます。

すると一人の女性が、間違ったことは何もしていない!と声を大にして皆の前で言ったのです。

私が夫人の立場でも黙っていられなかった!という声は、皆もそう思うでしょうと同意が求められます。

男性には理解できないが、自分の子供を自分以外の人がしかりつけるのは我慢できない!

男性は興味がない!などと、シュリーへの気持ちの同意の声が次々と上がりました。

一人の女性が、主人が連れてきた剣術の教師だという男が子供に手を上げようとし、そのことに対して問い詰めても悪びれもせず、好きにしていいと許可を受けたことを話し始めます。

そしてそのまま主人のところへ行き、勝手にあんな無頼漢を連れてきたらその顔を引っかき傷だらけにしてやると言ったんだ!と声を大きく皆に話すのです。

そうしていなければ、子供は家出をしてしまっていたかもしれないと笑いながらはなしているのですが、皆気持ちに共感できるらしく、盛り上がり始めます。

「とにかく、夫人は正しいことをされたのですわ。もう少し融通を利かせて対処していればもっと良かったかもしれませんけど・・・」

シュリーの気持ちを理解している言葉に、彼女も後悔していると前置きをして夫人たちにお願いをします。

シュリー「今後またこのようなことが起こったら、より賢明な選択をすることができるように、皆さまへ相談させて頂けないでしょうか?」

皆、もちろんだ、こんなに若いのだから・・・とシュリーを気遣います。

育児というのは自分の子でさえも大変なのに、前妻の子供たちの面倒を見ているのだから・・・わからないことがあって同然だと、いつでも相談していいんだと声をかけてくれました。

そうこれがシュリーが望んでいた雰囲気。

貴婦人たちこそが、社交界を動かす力なのです。

スポンサードリンク

シュリーの考え

未亡人としてノイヴァンシュタイン家の主人の座に就きながら、義理の子供たちへ親としての義務も果たさねばならないシュリーが、腰を低くして気さくに近寄り、謙虚な姿勢で貴婦人たちに助言を求める。

棘やプライドという壁を取り払いながら、母親が子供を思いやる心を感じられるように。

少しくらい愚かで世間知らずに見えたとしても、それで彼女たちを自分の味方につけることができるのならば、それもまた悪くはないのです。

直接近寄ることが難しい人たちにも、貴婦人たちを通してシュリーの評価にある程度は影響を与えられるはずですから。

今日の目的はなんとか達成されたみたいだと、少しほっとしました。

 

「あっそういえば!こんなニュースを聞かれました?」

一人の夫人の声かけて、井戸端会議が行われ始めた夫人たち。

もちろんそのなかにシュリーも入っています。

この勢いに任せて・・・と次の計画を練っているところで、「キャアアアア!」と叫び声が聞こえてきました。

上の階で喧嘩が起こっている、助けてください!!との声を聞き、ざわつく人達。

二階と聞いてジェレミーではないか!?とシュリーは慌て始めるのです。

\ 全話更新中! /

ある継母のメルヘンのネタバレ一覧

ある継母のメルヘン【第23話】の感想

うまくまとめることができたシュリー!

ルクレツィアの問題を上手く使いましたよね。

夫人とは言え、皆子供がいる母親ですから、その気持ちにうまく訴えかけることができたのでしょう。

せっかく問題が解決したのに、次はまたジェレミー・・・。

ジェレミーが喧嘩しているようですが、何か理由がありそうです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のある継母のメルヘン【第23話】のネタバレをご紹介しました。

ある継母のメルヘンはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク