ピッコマ|ある継母のメルヘン【第10話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「ある継母のメルヘン」は、ORKA先生、Spice&Kitty先生の作品です。

若くして4人の子供たちの継母となったシュリー・フォン・ノイヴァンシュタイン侯爵夫人。

沢山の別名をつけられてきた彼女ですが、誰に何と言われようと子供たちと家を守っていくことが大切でした。

無事に長男であるジェレミーの結婚が決まるのですが、結婚式には呼んでくれない様で・・・。

そのことをきっかけにシュリーは動き出したのですが・・思わぬ事故で目を覚ますとそこは侯爵邸の部屋だったのです!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

ある継母のメルヘンのネタバレ一覧

スポンサードリンク

ある継母のメルヘン【第10話】のあらすじ・ネタバレ

エリアスを見なかったかと慌てて使用人に確認するシュリー。

裏庭で見たような・・・と聞くとすぐに、走って行ってしまいます。

 

全力で向かい、エリアスを見つけたシュリーは、大きな声で彼の名前を叫びました。

そこにはジェレミーも一緒で、なぜかエリアスはシュリーも見たとたんに固まり、顔を真っ青にして逃げ出してしまうのです。

近づくな!と言いながら、全速力で逃げていくエリアスを見て、シュリーは「どうして逃げるのよ!?」と大声で叫びます。

そして「止まりなさい!」と言いながら、またもや全力でエリアスを追いかけるのです。

エリアス「そんなこと言われて、止まるバカがいるかよ!!」

追いかけているシュリーは息切れもきついが、何よりもドレスが重くてうまく走れずに疲れかけています。

その姿を見ながら笑って走るエリアスは、そんな足で追いつけるのか!?と挑発しているところで・・・足をひっかけてしまい盛大に転びました。

あまりのコケっぷりに驚くシュリーですが、そのまま勢いでエリアスを捕まえることができたのです。

エリアス「こ・・・こけてさえいなければ・・・」

そんなことを言っている場合ではない!とシュリーは突っ込むのでした。

ジェレミーとエリアスの話

シュリーはジェレミーに、知っていたことをどうして教えてくれなかったのか?と質問します。

理湯としてはエリアスが、シュリーにだけは絶対に話すなと口止めをされていたからなのです。

そしてエリアスは、自分で解決するとジェレミーに話、内緒にしていた理由はシュリーが逃げ出してしまうかもしれないから・・・ということだそうです。

手に傷を負っているエリアスを見て、シュリーはその手を優しく掴みます。

シュリー「ダメじゃないエリアス、何があっても私には・・・」

 

稽古中、ヴァレンティノ卿はエリアスの手を狙ってきます。

おまえってホントなんにもできないんだな!?と笑いながら挑発するヴァレンティノに、エリアスのはなんとも言えない表情をしています。

さらに悔しかったならママんとこに行け、剣術を教えてくれと言ったのはあいつなんだと、にやにやしながら話すヴァレンティノ。

ここからは彼の本心が出てきます。

ヨハンも死に、家門を管理する力もない。その上毎日毎日悪ガキのしりぬぐいまでさせられていたら、きっと耐えられなくて逃げちまう・・・とヴァレンティノから言われるエリアス。

その逃げてしまうという言葉が、亡くなってしまった母と重なってしまい、もう誰にもいないのにシュリーまでいなくなってしまうことは耐えられないと感じたのだそうです。

ですがこんなことを言うわけにはいかない、言ってしまえば本当にいなくなってしまうかもしれない・・・。

一人で抱え込んできたのです。

 

エリアス「す・・・好きでここにいるわけでもないのに・・・俺たちが悪ガキで意気地なしで迷惑ばかりかけるから・・・お・・・お前もどこかにいっちゃうんだろ・・・!」

勇気をだして、涙を流しながら本当の気持ちを打ち明けたエリアス。

父と母のように消えてしまうんだろう!その言葉が絞り出されます。

ですが肝心のシュリーは、ボケーっとしたまま聞いていたのです。

そのあほみたいな顔はなんだ!とエリアスに突っ込まれますが、別に彼をバカにしているわけではなく・・・本当は今何が起こっているのか理解できずにいたのです。

シュリーが知っているエリアス、いや子供たち全員は、自分の事を憎んでいて嫌っていて・・・この家の一員として認めてくれていないんだと思っていました。

どうして今さらこうなっているのだろう?

スポンサードリンク

過去との比較

ジェレミーはだから自分が何とかしてやると言ったときに素直に聞いていればよかったんだ!とエリアスを責めます。

ジェレミーだってどうすればいいのか困っていた!

それはお前が意地を張っていたせいだ!

など、二人の言い合いで我に返ったシュリー。

これは今になって変わったのではなく、今だからこそ見えるんだと気づきます。

前はこんな風に話をしたことはなく、話をできるとも思っていませんでした。

私達はみんな、大切な人を失い胸を痛めている幼い子供に過ぎなかったのですから。

 

シュリー「叔父様がそんなことを言ったのね?」

立ち上がるシュリーはそのまま、エリアスとジェレミーに向かって「よく聞きなさい!」と大きな声で言います。

それは自分勝手で生意気で、傍若無人な子供たちだとは思っていること。

ですがたったの一度も、意気地なしや煩わしいなどと思ったことはないとはっきり伝えるのです。

だから他人の言葉なんて気にすることはなく、あなたたちを置いて去って行ったりもしないと断言しました。

もちろん、遠い未来にはそうなってしまうかもしれないけど・・・と小さく後付けはしていますが・・・、少なくとも今は違うとはっきり言ったのです。

逃げるだなんてやっぱり嘘だったんだ!と喜ぶエリアス。

噂を信じていたということは心当たりはあったんだ?と小さく反撃するシュリー。

一段落と落ち着いたところで、シュリーはエリアスとジェレミーに質問します。

シュリー「もうこれ以上隠し事はしてないわね?」

するとコソコソと抜けようとするエリアスを見つけ、ジェレミーと一緒に彼を捕まえます。

エリアスを掴み、ちゃんと言えと言わんばかりに思いっきり振り回すシュリー。

エリアス「お・・・俺だって頼まれたんだ!お前には言うなって・・・」

 

一方レイチェルは、授業にいかないと私達が叱られてしまうと侍女たちに引っ張られています。

柱を掴み全力で嫌がるレイチェル。

エリアスの話によると、隠していたのはレイチェルとあの魔女のようなばあさん(マダム・ルアゼル)との話だったのです。

\ 全話更新中! /

ある継母のメルヘンのネタバレ一覧

ある継母のメルヘン【第10話】の感想

少しずつですが明らかになってきました。

なによりもあのエリアスが、シュリーがいなくなると思ってホントの事を言わなかったって・・・。

なんだか涙でそうになりました(笑)

本当は母とまではいかなくとも、大切だと思ってくれていたんですね。

このことに気づけて良かったと思います。

そうでなければずっとすれ違ったまま・・・。

レイチェルを無事に救い出すことができるのでしょうか?そしてレイチェルは素直になってくれるのでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中のある継母のメルヘン【第10話】のネタバレをご紹介しました。

ある継母のメルヘンはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク