ピッコマ|姉が男主人公を拾ってきた【第40話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「姉が男主人公を拾ってきた」は、 Moon Si Hyun先生、Doubu先生の作品です。

エイミーが16歳になる日の朝、姉のディアナがある物語の主人公を拾ってきました。

まさかの展開に驚くエイミーですが、こうなった以上仕方がないと、その男の子に「ノクス」と名前を付けました。

彼の本名は「リノク・イベルク」と言う名前ですが、記憶がないようです。

昼間は天使のように可愛らしい子供ですが、夜になると大人の男に・・・。

ノクスとの生活はどうなっていくのか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

姉が男主人公を拾ってきたのネタバレ一覧

スポンサードリンク

姉が男主人公を拾ってきた【第40話】のあらすじ・ネタバレ

リノク「エイミー?そんな所で何をしている?」

エイミーは呆然と立ち尽くしてしまいましたが、我に返って用事を頼まれていたんだと説明しました。

邪魔をしてしまって申し訳ないと謝ると、もう会議が終わるところだったようで問題ないと言ってくれました。

エイミー「ロッテさんに急いで届けてほしいと頼まれました」

書類を強引に渡し、用事は済んだので行くと言ってその場から走って離れます。

 

エイミー(行くんじゃなかった)

セレナとの通信という大事な連絡を邪魔してしまったと、エイミーは後悔しています。

ですがエイミーを追いかけて腕を掴んできたのはリノクです。

リノク「体調が悪いのか?お前の顔を見たら・・・元気がなさそうで」

心配そうな表情で、じっと見つめてくるのです。

エイミー「いいえ、大丈夫です。どこも悪くありません」

視線を逸らしリノクの手を払いのけます。

リノクは去っていくエイミーの後ろ姿を見ていることしかできませんでした・・・。

変わらない人

豪華な装飾、沢山の人たち。

リノクの誕生日には使用人たちだけでなく、騎士団もみんな集まっています。

エイミーはいつもよりもおめかしをして、会場を歩いていました。

周りを見渡していると、グレイ卿と目が合ってしまい慌ててしまいます。

グレイ「エイミーさん!今日は特にお美しいですね!」

エイミー「・・・親し気に話しかけないでください」

グレイがここに連れてきたこと、忘れていないと睨みつけます。

グレイ「前にも感じましたが・・・エイミーさんは少し変わったようですね」

エイミー「私が?」

グレイは昔とは雰囲気が違うと言うと、変わるに決まっているとエイミーが答えます。

初めて会ったのは三年前、時が経てば人は変わるものだと笑ったのです。

グレイ「そうですか・・・?うーん・・・私はそうは思いません」

「ずっと変わらない人を、長い間身近で見てきたので」

エイミー「え・・・?」

隊長はあるものをずっと捜し続けていた、それは何だと思うかと、グレイはエイミーに聞きました。

パレードで帝国中を回り大変だったので、自分なら諦めていると言うのです。

グレイ「でも隊長はそうじゃなかった。だから隊長にとってそれは・・・、今でも大事なものです」

少し離れたところにいるリノクと、エイミーは目が合いました。

エイミー「大公様は変わっていないと?」

胸の高鳴りが抑えられません。

グレイ「・・・はい、大公様は昔のままです」

エイミーの目からは涙が溢れだし、なんでなのか分かりませんが止まらないのです。

リノク「エイミー、どうした?グレイが泣かせたのか?」

そう声をかけてきたので、グレイは誤解で何もしていないと震えながら否定します。

グレイ「エイミーさん、助けてください!」

今にも襲ってきそうなリノクを目の前に、グレイは助けを乞いました。

エイミー「泣いてませんよ」

リノク「本当か?」

ウソなんてつかないとエイミーは言い、ちょっと外を歩きたいのだが一緒にどうかとリノクを誘いました。

スポンサードリンク

リノクへの贈り物

向かったのはテラス。

リノクはテラスでは散歩はできないと言いますが、外の空気が吸えるからいいんだとエイミーが答えました。

エイミー「お誕生日、おめでとうございます」

「考えてみたら一度も祝ったことがありませんでしたね。一緒に暮らしていたころは誕生日を知らなかったから」

沢山の人たちがお祝いに来てくれ、みんな嬉しそうだとエイミーは言いました。

リノク「お前もそうか?」

エイミー「え?」

お前も嬉しいか?とリノクに聞かれ、言葉に詰まってしまいます。

グレイに言われた、「隊長はあるものを捜し続けていました。大公様は昔のままです」と言う言葉が、頭の中に浮かんできます。

エイミー「はい、嬉しいです」

微笑みながら答えます。

あなたが生まれて、出会えて、嬉しくないはずがない。

物語に気づいた瞬間から、原作を恨みました。

たった一人の姉を奪おうとし、今はあなたから離れさせようとするあの原作を・・・。

そしてエイミーは髪を結んでいたリボンをほどき、誕生日プレゼントだとリノクの首にかけて渡しました。

エイミー「リノク、本当におめでとう」

するとリノクはそのまま、エイミーを抱きしめたのです。

リノク「お前に触れていたい」

「どうすれば・・・、許可してくれる?」

もしかして俺が怖いのかと聞いてきたので、エイミーはそうじゃないと答えました。

 

「大公様、失礼いたします!!」

テラスにやってきたのは使用人で、少し申し訳なさそうにしています。

リノク「何事だ?」

使用人「大公様も一緒に来てください。北の倉庫であれば暴れているようです。明日皇室に届けるものなので・・・!」

リノクはため息をつきながら、エイミーにすぐ戻るからホールで待っていてくれないかと言いました。

彼はエイミーに話があるそうです。

エイミー「わかりました」

そしてリノクは行ってしまいました。

エイミー「・・・理由もなく何かを贈られたときは、一番疑うべきなんですよ」

結界が張られてない場所

ロッテが言うには、邸宅の中では結界が張られていて瞬間移動の魔法は使えないそうです。

そして結界が張られてないのはたった二か所。

エイミーが初めて瞬間移動で現れた庭園の魔法陣の近くと、東側の倉庫です。

エイミー(東側の倉庫は・・・、行ったことがないから庭園に向かおう!)

ロッテが時間稼ぎをしてくれている間に行かなければと、エイミーは必死に走って向かいます。

そして魔法陣に着きました。

エイミー(よかった。このまま光が広がれば・・・!)

ですがバチッ!と音がして、声が聞こえてきました。

「何者だ!?」

\ 全話更新中! /

姉が男主人公を拾ってきたのネタバレ一覧

姉が男主人公を拾ってきた【第40話】の感想

えええ!!かなりピンチじゃないですか!?

言われた通りにしたのに、騎士らしき人に見つかってしまいました。

まさか罠にはめるためだったのか・・・。

なぜなのかはわかりませんが、ロッテはやはり怪しいです!

エイミーが大丈夫なのか、気になって仕方がないですが・・・。

もしも何かがあっても、リノクが助けてくれると信じています!!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の姉が男主人公を拾ってきた【第40話】のネタバレをご紹介しました。

姉が男主人公を拾ってきたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク