ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第57話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は砂時計をひっくり返す【第57話】のあらすじ・ネタバレ

アリア「逃げた方がいいと思います」

「…お母様は」

アリアの予想外の答えに、お母様はとても驚いています。

もしかしたらアリアは、伯爵家に義理を立てて残ろうとしているのかもしれないと思ったお母様。

若くて綺麗な女性が大好きな伯爵は、いずれ自分を捨てて他の女のところへといくはずだからそれが少し早まるだけだと、アリアを気遣う言葉をかけます。

 

しかしアリアがここに残ると言っているのは、義理をたてるためではなく、やるべきことを達成するためなのです。

お母様「やるべきこと?」

アリア「そこまで急ぐ必要はありませんよ。何か起こるとしても公女が結婚した後でしょうから」

「それでも心配ならお母様は先にこの家から離れていてください」

アリア(お母様は自分の身を守る術を何も持たない人だから…)

アリア「…ですが、苦労してせっかく今の優雅な生活を手に入れることができたのですから、もう少し慎重に考えてみてはいかがですか?」

お母様「アリア…」

「あなたが何を考えているのかはわからないけど、私にとっては私たち2人が生き残ることが最も大事なの」

「だから私1人で逃げるなんてできないわ」

「あなたも逃げられる状況になったら教えて」

「それまでに私が準備をしておくから」

アリア「わかりました」

アリア(私がここにいられるのは、お母様のおかげよね)

竣工式を前に…

投資者Aとして竣工式に参加すると、返事を出したアリア。

アースこことが気になるけれど、今は状況が状況なだけに何も聞けません。

竣工式で元気な姿が見られればと期待して、その日を待つことに決めたのです。

 

それからアリアは、伯爵やカイン、ミエールにも竣工式の招待状を渡していました。

しかし皇太子が関わっているアカデミーの竣工式など、誰も参加しようとは思えないのです。

ミエール「平民のために建てられたアカデミーの竣工式に参加されるなんて」

「お姉様は本当にお暇なんですね」

「竣工式に参加するような時間があるなら、もっと有効に使われた方がよろしいかと」

そして結局誰も参加しないと言うことで、話はついてしまったのです。

 

今の状況で皇太子派の集まりに参加するのは、当然伯爵たちにはできないことでしょう。

こんなことをして伯爵の機嫌を損ねてしまったらと、アリアの行動をお母様は非常に心配しています。

しかし伯爵の機嫌を取るのは竣工式の後でも遅くはないだろうとアリアは自信に満ち溢れた顔をしているのです。

 

アリア(私の味方についてくれる人たちは皆)

(私を信じて力を貸してくれる人たちだから、きっと思い通りにいくはずだわ)

(もしかしたら伯爵がその力を必要とする可能性だってある)

(私はもちろんアース側につくけどね)

竣工式へ向かうと…

あまりのオーラにジェシーも拝んでしまうほど、美しく着飾ったアリア。

アニーはいつものように、ドレスを着こなせるのはアリアだけだと褒め称えています。

竣工式の会場に到着するなり、お母様が外出がてら見にいくだけだからと伯爵に伝えて出てきたので、帰って何か聞かれても見ていただけだと答えるよう念を押されてしまいます。

とりあえずは笑顔で理解したかのような返事をするしかありません。

 

学校内へと入っていくと、非常に立派に作られた校舎が出てきました。

まるで皇城の一部だと言われても信じてしまいそうな完成度の高さに、お母様もジェシーやアニーまでみんなが驚いているのです。

アリア(あまりにも想像以上で言葉がでない…)

(この短期間で一体いくら投資したわけ?)

(ここまであからさまに皇太子の力をアピールしなくても…)

 

するとそこへボブーン男爵がやってきてアリアに声をかけました。

お母様に誰なのかと尋ねられたので、事業でお世話になっているんだとさらりと答えるアリア。

事業をしているなんてまるで初耳で、お母様は非常に驚いています。

ボブーン男爵も秘密にしておくはずではなかったのかと、あたふた…

するとそこへサラとビンセント侯爵がやってきて、4人は一緒に式に参加することにしました。

サラとお母様が社交辞令のような会話をしている間も、アリアはアースの姿を探していました。

スポンサードリンク

アースとの再会

するとそこへアースが登場しました。

ピノヌア・ルイが登場すると誰もが思っていましたが、そこへやってきたのは真っ白なスーツに身を包んだアースで、まさかこの件に皇族が絡んでいたとはボブーン男爵はアリアの件に続いて、こちらもすぐには状況を把握できないようです。

アニーとジェシーもどこかで会ったことがあるような気がする…と思っているようですが、まだ思い出せていません。

そんな中、アリアとアースは2人目を合わせて微笑み合うのです。

アース(アリアお嬢様…僕に会いにわざわざ来てくれたのか)

(なかなか連絡が取れないから心配してくれたんだな)

 

アース「皆様」

「本日は竣工式に参加してくださり、誠にありがとうございます」

「私はこのアカデミーの企画者」

「アーステロぺ・プランツと申します」

 

このアースの発言で、ジェシーたちもやっとチューリップの人だと理解します。

アースは続けてこのアカデミーを平民のために作ったんだと説明し、集まった人を驚かせます。

アース「この事業はある投資者がサポートしてくださったおかげで実現することができました」

「普段は人前に立つことを好まない方なのですが、よろしければ壇上に上がって…」

ついに投資者Aだと告白するため壇上に上がるアリア。

アースは言葉を失うほどに驚いているようです。

アリア「このような素晴らしい竣工式に”お招き”いただきありがとうございます。皇太子殿下」

アース「お嬢…」

アリア「よろしければ…」

「投資者として皆様にご挨拶させていただいてもよろしいですか?」

アース(まったくお嬢様には…)

(いつも驚かされてばかりだな)

 

アリア「皆様こんにちは」

「投資者Aのローチェンと・アリアと申します」

「私はより多くの方にチャンスを掴んで頂きたいと思い、投資を決意いたしました」

「今後も皆さまに必要とされる事業には積極的に投資をしようと考えております」

「そしてこのアカデミーで多くの人材を育成するためにサポートを続けていくつもりです」

「これからもアカデミーを応援して頂けますようどうぞよろしくお願いいたします」

 

全く知らなかったアリアの投資者としての活躍ぶりに、サラもお母様も目を丸くして話を聞いていました。

挨拶を終えると、大きな拍手をもらいステージから降りて行きます。

アリアはこの間も、アースがどう思っただろうかということで頭がいっぱいです。

アリア(騙されていたことに腹を立てたか)

(それともただただ驚いているかもしれないわね)

(彼に会うのは久しぶりだから)

(顔を見ることができただけで…)

しかしアリアがアースの方を見つめると、マントを深く被った男と深刻そうに話しています。

そして結局、アリアと目を合わせぬまま、会場から立ち去ってしまったのです。

結局、竣工式が終わるまでアースが戻ってくることはありませんでした。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

悪女は砂時計をひっくり返す【第57話】の感想

公女の動きによる影響で、今のうちに逃げようと言ってきたお母様ですが、決してアリアを見捨てないのには非常に感動しました。

自分の命や生活よりも、やはり子供のことが心配なのはどの親もそうですよね。

けれど自分は行かないと言われても、強引に連れ出すのではなくアリアの意見を尊重してくれるのはさすがだなと思いました。

私だったらどうしても、自分の考えを先行させてしまいそうだなと考えちゃいました。

ミエールに酷い言葉を浴びせられながらも、竣工式に参加することになったアリア。

ミエールは嫌味を言えるまでに回復したということですかね。

とにかくめんどくさいので、あまり良い傾向ではないですが…

もうすぐアリアが勝利を掴んでくれるはずなので、期待したいですね。

竣工式で投資者Aとして身分を明かしたアリア。

これでアースとの距離もグッと縮まるかと思いきや、何かアースに動きがあったようです。

公女絡みだったら厄介そうですね…

そしてこんなに次の展開が気になるのに、休載なんて!

もう待てません!!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第57話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク