ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第47話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

悪女は砂時計をひっくり返す【第47話】のあらすじ・ネタバレ

クリーン男爵に招待された集まりで、アースが提案したのは学校の設立でした。

それもただ学校を建てるのではなく、身分や年齢に制限を設けない学校にしたいというのです。

計画書の内容を知っていたアリアにとって思いがけぬ内容の提案に、正直事業で学校を設立するというのは理解できません。

参加者たちもこの計画がうまくいくとは思えないようで、事業としてどう成立させるのかと質問が上がっています。

アース「事業家たちが投資をしてくれるでしょう」

「簡単に説明いたしますと」

「まずは首都に学校を建てるのですが」

「貴族が通うようなアカデミーとは違い」

「ここでは平民を対象に必要な知識を与えることを目的としています」

男「要は事業体からの投資で優秀な人材を育成するということですね?」

アース「はい。投資が多いほど手厚いサポートをすることができるでしょう」

質問に答えるアースの話を聞いていると、優秀な人材を育成するという計画自体は賛同できるのですが、そのような中長期計画に投資してくれる人がいるかどうかが大きな課題となりそうです。

それに平民たちに学費を支払う余裕があるとも思えないのです。

こんな計画を立てた理由はアリアの存在!?

洋服店のショーウィンドウに飾られたドレスを眺めたり、新聞貸しをしてお金を稼いでいたハンスと過ごしてきたアリアにとって、この話はいい加減な事業だと感じられてなりません。

当然、そのようないい加減な事業に投資されるような人はいないでしょう…

しかしそんな鋭い指摘にもアースは笑顔で対応するのです。

アース「学費に関しては心配いりません」

「彼らには勤労奨学生として学校に通ってもらうので」

「勤労奨学生には奨学金が与えられますから問題なく学校に通うことができますし」

「成績上位者に対する奨学金制度の取り入れも考えております」

男「その費用はどこから手に入れるんですか?」

アース「実はすでに必要な投資金は準備できています」

アリア「それなのに新たな事業を始めようとお考えなんですか?」

「私には事業というより平民のために動いているようにしか見えません。他の事業に投資した方が良さそう」

アース「それは…」

アリア(……まさか)

(私を思ってこの計画を立てたの?!)

(私のような身分の低かった人が成長した姿を見て可能性を感じたとか?)

(アース…じゃなくてルイ…。私のことをそういう風に見てくれていたのね!)

アース「優秀な人材を必要とする場所が多いからです」

「この場所で素晴らしい人材を育てあげましょう!」

なんだか並々ならぬ情熱を注いでプレゼンを終わらせたアースですが、少し期待していた分、アリアは残念に思えてならないのです。

 

そこでクリーン男爵は、投資家Aに支払う手数料がかなりの金額になるのではと不安点について尋ねました。

しかしアースはすでに、手数料についても問題ないだろうと見ているようです。

理由として挙げたのは、今日集まった人々が若くて情熱のある事業家ばかりで感銘を受けたためなんだとか…

新たな事業に協力してくれれば優秀な人材を紹介できるとのメリットも明らかにしたため、集まった人々も次第に心を動かされ始めるのです。

人手が足りていない今、人材育成の時間が省けるのは彼らにとっても好都合なようです。

スポンサードリンク

ついにアースと向き合うことに

それからも会議は続きますが、アースのことが気になりすぎてアリアは全く集中できませんでした。

帰り際、アリアを呼び止めたアース。

まさかこの場で会えるとは思っていなかったと近づいてきました。

2人の親しげな様子にクリーン男爵は気を利かせて部屋を出ていくのです。

 

アリアは、自分に嘘をついた理由ならいくらでも聞いてあげるわと強気な姿勢で、外へ出ました。

腕を組みながら静かな場所を求めて移動している最中、先に話しはじめたのはアースでした。

アース「いつかはお話をしようと思っていましたが」

「まさか今日お伝えすることになるなんて…」

アリア「そうですね…」

「このような形であなたの正体を知るとは思ってもいませんでした」

アース「お嬢様、僕はピノヌアではありませんよ」

アリア「え…?」

アリア(それじゃ…)

(皇室の隠し子とか?)

 

到着したと言われあたりを見回すと、森の中にたたずむコテージの前にいました。

少し話していただけなのに、どこなのか分からないところへ連れてこられ、戸惑うアリア。

アースはなんとここが首都の隣にある森だと言うのです。

しかしこんな短時間でそんな遠くまでいけるわけがありません。

バカにされたと感じたアリアは大激怒。

そういえばお祭りの時にも場所を隠していたことを思い出し、さらに腹立たしい気持ちになってくるのです。

アリア「いい加減」

「あなたが何者なのか」

「教えてくれませんか」

「私には全く想像がつきません。お答えできるのであれば」

「教えてください」

「アース様に会うたびにどう接すればいいのか分からなくて…」

アリア(胸が苦しいのは私に興味があるとか言いつつも)

(彼の情報を何一つ私に共有してくれないのが悔しいから…)

明かされる正体

部屋へ入りお茶を前にした2人。

アースは自分の話を聞いて困惑するかもしれないと前置きしてから、本当のことを話はじめます。

アース(この”力”をなんと説明すれば…彼女に納得してもらえるだろうか)

アース「まずこの場所に短時間で到着できたのは家門の力が関係しています」

「この力は家門ごとに異なるのですが、うちの家門の場合高速移動が使えるんです」

「身体が人よりも発達していると表現した方がわかりやすいかもしれませんね」

あまり驚かせないようにと言葉を選ぶアースですが、アリアは砂時計と同じだと一瞬で納得してしまいます。

家門の力など初めて聞いたけれど、もしかするとアリアの実父と同じ家門かもしれません。

この力について詳しく聞いてみることにしたアリアは、ピノヌア子爵家から伝わるものなのかと尋ねてみたのですが、アースはこの名前は借りただけだと答えます。

それからアースは、ピノヌア子爵家は自身を助けてくれた家門だと付け加えました。

 

アリア「助けてもらったということはやっぱりアース様は皇室の…」

アース「さすがだ」

「その通りです」

「僕の名はアーステロぺ・プランツ」

「皇太子です」

アリア(皇太子…)

さすがのアリアも全く予想していなかった展開に、フリーズしてしまいます。

そういえば砂時計で戻る前の記憶を辿ってみれば、確かに皇太子の名前はアーステロぺでした。

公女の時もそうだったように、こうしてまた一番重要な部分を忘れてしまったと後悔の念に駆られています。

プレゼントしてくれたチューリップの花束を踏みつけてしまった無礼な行動が思い出され、さらにアリアはどん底へと落ちていくのです。

 

椅子から立ち上がると、無礼な態度をとってしまったことを丁寧に詫びるアリア。

しかしアースは過去のことは忘れて欲しいと優しい言葉をかけるのでした。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

悪女は砂時計をひっくり返す【第47話】の感想

ついに!ついに!!

アースの正体が明かされました。

同時に過去の失礼な行いがフラッシュバックして、アリア落ち込むのも当然です。

とにかく情報量が多すぎました。

アースが皇太子だと分かっただけでなく、高速移動なるものが使えることも明らかとなりました。

お祭りの時に遠い街にいたことも納得がいきますね。

ただ、アースの力の話を聞いた時にあったアリアの心の声に、実父についてのこともありました。

アリアの実父もかなり身分が高い人なのでしょうか。

ここまで読み進めてきてもなお、知らないことが意外にもあるもんだなと思いました。

もしかすると忘れているだけかもしれませんが…笑

 

アースが正体を明かしたことで、2人の関係性が変わってしまわないか少し心配です。

アリアにはこれからもズバズバ意見をして欲しいものですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第47話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク