ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第44話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

悪女は砂時計をひっくり返す【第44話】のあらすじ・ネタバレ

ミエールが大暴れした後、エマは1人部屋の片付けをしています。

スパイとして送り込んだベリーもあまり上手く使えておらず、ミエールは精神的に不安定になっています。

ミエール「こうなったら公女殿下に手紙を書くしかないわね」

エマ「ですがすでに婚約発表の件で何度もやりとりなさっていましたよね?もう少し時間を空けた方がよろしいかと…」

ミエール「うーん…」

「気に入らない…」

エマ「指輪も頂けたんですしオスカー様を信じて待ちましょう」

ミエール「もちろん信じてはいるけど邪魔者がいるから困ってるのよ」

エマ「その件は私がなんとかしてみます」

ミエール「何かいい方法でもあるの?」

エマ「害虫を駆除するには殺虫剤が効果的かと…馬車にまいておきましょうか?」

ミエール「でも前に御者が解雇されたから誰も引き受けてくれないわよ」

エマ「大丈夫です。私にお任せください」

「お嬢様は公爵夫人になることだけをお考えください」

ミエール「そうね…」

「そうよね…将来公爵夫人になるのはこの私だもの」

エマ「そういえば最近、急激に勢力を伸ばしはじめた貴族がいるそうですよ。若年層の方が多くみられかなりの確率で成功しているんだとか」

ミエール「それ私も聞いたわ」

エマ「事業を拡大するには人脈を広げなければなりません」

「伯爵家が手を貸すといえば大勢の方が集まるでしょう。そうすれば貴族派の問題も解決できるかもしれません」

「お嬢様や公女殿下にとってチャンスではないでしょうか?」

ミエール「たしかに!全く思いつかなかったわ」

「早い方がよさそうね。さっそく日程を決めてもらえる?」

ミエールの人脈拡大作戦

伯爵邸に、続々と馬車がやってくる様子を見ているアリア。

アニーとまたきたのかと話しています。

馬車に乗ってきているのは、下級貴族や平民の奥さんで、ミエールが招待しているというのです。

貴族の中でも上流階級の人にしか会わなかったミエールの予想外の行動に、2人とも困惑しています。

ミエールは一体何を企んでいるのかが非常に気になるものの、アニーも正直あまり話を聞くことができなかったそう…

過去ではこんなことが起こらなかったため、どうしても情報が欲しいアリアは、お茶会の場に乗り込むという手段に打って出たのです。

 

アリアの登場に、ざわつく女性たち。

ただ、悪女や歯並びが悪いとの噂が本当なのか気になる彼女たちにとって、実物を見られるなんて絶好のチャンス。

ミエールの意見など聞くことなく、二つ返事で快諾してくれました。

正直興味を持ってもらえるのは嬉しいのですが、平民も混ざっているからかマナーがなっていないのが気になって仕方ありません。

自分の意見など全く聞いてすらもらえなかったミエールは、奥の席で悔しげな表情を浮かべています。

スポンサードリンク

女性たちはアリアの投資先!?

女性たちはそれぞれに自己紹介を始めました。

一番最初に声を上げたのはクリーン男爵の妻です。

その後の女性も、その後の女性も全てアリアが投資した家門の奥様なのです。

アリア(そういえば事業家たちに定期的に交流の場を設けるべきだと伝えたんだった)

(交流を深めてもらった方が今後の取引にも役立つ)

(正直ここまで距離が縮まっているとは思わなかったけど…)

(わざわざこの人たちを呼ぶなんて…ミエールは何を考えているのかしら?)

 

そこで女性たちは、投資者という存在について話しはじめます。

事業計画書だけを見て投資してくれるものの、決して適当に選んでいるわけではないと…

その証拠に投資を受けた事業家は皆成功していると評判なんだとか…。

どんな人が投資家なのか一度お会いしてみたいなんて、言っているミエールを前にして、アリアは少し恥ずかしくなってセンスで顔を隠して存在を隠しています。

アリア「クリーン男爵は香辛料で事業を始められるのですよね?」

クリーン男爵夫人「まだ市販されていないのによくご存じで?」

アリア「調べ物をしているときにたまたま見かけました。貴族のみが使用している香辛料を別ルートで輸入されたそうですね。価格が下がれば庶民の方にたくさん買っていただけると思います!」

クリーン男爵夫人「そう言っていただけて光栄です」

「投資者も同じことを言ってくださいました」

女性「成功は確実ですね!私ももっと頑張ります!」

女性「商売が安定するまでは休んでいられませんからね!」

とある夫人の発言に、ミエールは理解できないような表情を浮かべています。

夫人の役割

ミエール「夫人…休んでいられないとは…?」

女性「旦那が営業に出て私は在庫の管理や会計を担当しているんです」

ミエール「どうして夫人が…代わりの人を雇用されないのですか?」

女性「2人で1から始めた商売なのでもうしばらくは夫のサポートを続けたいと思っています。私自身この仕事を楽しいと思っているので問題ありません」

ミエール「ダメですよ。そんなの」

「家門を守ることが夫人の役目です」

アリア「そう?旦那様のサポートをされるなんて素敵じゃない!その方が男爵だって仕事に没頭できると思うわ」

女性「そうですね?やはりお金も関わってくるので…」

「それでもいずれは誰かにお願いすることになるかと思います」

ミエール「夫人のやるべきことは他にありますからね」

「夫人である以上、家門を守ることが第一の役目です」

アリア「家門の勢力が上がったのは夫人の協力があったからよ」

終わりのないミエールとアリアの言い合いに、夫人はどちらの意見も尊重するように間に入ってくれました。

 

結局、ミエールはこの場を統括するような雰囲気に持っていった後、次回の集まりの提案をするのです。

しかし夫人たちは誰1人として参加したいと答えません。

さらにミエールが知り合いを紹介すると言いだしたのが、正直微妙だったようで、ヒソヒソと何か話はじめたのです。

しかしミエールはそんな夫人たちの空気感を完全に無視して、記念品であるブローチをエマに持ってこさせます。

それは薔薇模様のクリスタルブローチで、まるで自分はもう公爵夫人だと言っているかのようなもの…

もしかするとアリアがジェシーたちに用意したブローチを真似したのかもしれません。

分かり合えないミエールと夫人たちを待つのは…

ブローチまで準備したミエールはドヤ顔で座っています。

しかし夫人たちはこのような高価なものは受け取れないと、全員が受け取りを拒否したのです。

さらに今日は仕事を抜けて参加したので、次回の参加は難しいなど、やんわりと断られてしまいます。

完全に機嫌を損ねたミエール。

化けの皮が剥がれるかのように、恐ろしい表情を浮かべもうこんな集まりはやめると言い出してしまいます。

さらに気分が悪いのでと言って部屋を出て行ってしまったのです。

 

機嫌を損ねてしまったと戸惑う夫人たち…

ここでついにアリアが口を開きます。

アリア「よろしければ」

「次回は私が主催してもよろしいですか?皆様と楽しい時間を過ごせたのでぜひまたお会いしたいです」

女性「ああっ…また集まります?」

アリア(うーん…反応があまり良くなかった)

クリーン男爵夫人「アリアお嬢様」

「よろしければ私たちの集まりに参加されませんか?」

女性「それは良いアイデアですね」

アリア「えっ…?」

「私が…ですか?」

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

悪女は砂時計をひっくり返す【第44話】の感想

アリアの作戦は大成功し、ミエールの心はズタボロにされていました。

それを救ったのは他の誰でもないエマです。

本当にこの2人が一緒になるとろくなことがないですね。

誕生会で公女に婚約発表させたのも、2人が仕向けたことだったようですね。

何やら今度は人脈を広げる方へ力を注ごうと決めていました。

そのためにお茶会を開いていましたが、なんだか見事失敗に終わった感が…

ミエールの発言は今まで付き合ってきたような上流貴族には受け入れられるかもしれませんが、今回招待したような夫人には正直少し微妙だったかなと思いました。

最終的においしいところは全てアリアが持って行ったような気もします。

最初抱いていた悪女などのイメージと、事業の話ができるあたりのギャップが受け入れられた理由かもしれませんね。

謎の集まりに招待されることとなったアリアは、ここでどんな収穫を得るのでしょう?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第44話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク