ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第28話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

悪女は砂時計をひっくり返す【第28話】のあらすじ・ネタバレ

ミエールに仕える侍女エマ。

彼女の旦那は、多額の借金を抱えたまま自殺しました。

同時に貴族の爵位を捨てることにしたものの、借金が減ることはありませんでした。

ロースチェント家で雑務を始めたものの、ストレスに耐えきれず妊娠中だった子供を失い、絶望的な日々を送っていたある日、ミエールの母に声をかけられたのです。

どうやらもうすぐ生まれるミエールのお世話をしてくれる侍女を探していたようで、成人式で会ったことのあるエマなら見ず知らずの人でもないため安心して任せられそうだと思ったのです。

そうしてすぐに上級侍女として雇用されたエマ。

しかしミエールの母は、ミエールを残して亡くなってしまったのです。

生まれたばかりのミエールを抱き抱え、亡くなっていく伯爵夫人を見ていたエマは、ある決意を固めました。

エマ(ミエールは私の子…)

(なにがあっても幸せでいてほしい…)

プレデリック公女様とミエールのティータイム

手紙を送ったことで、オスカーの姉であるプレデリック公女様との面会に成功したミエール。

お茶を楽しみながら、2人は穏やかな時間を過ごしていました。

うまくいっているように見える2人を眺めながら、エマは自分のこれまでの行いを思い返していました。

エマ(そのために私は彼女を全力でサポートする)

(身分にマナーそれに顔立ちだって問題ない。それから私を気遣いながらもはっきりと気持ちを表すところも)

(オスカーは扱いにくい人を結婚相手に選ばない。あなたはすべての条件が揃っているのねミエール)

 

ミエールは、なかなか会えないことを寂しく思っていると公女様に相談しています。

忙しくてもそんな気持ちを持たせるなんて…と公女様はオスカーを注意しておくと約束してくれました。

しかしミエールが望んでいるのは、婚約者として自分が何かサポートをするということ…

ただ公女様はそんなことは心配しなくても、必ず婚約すると思うから大丈夫だと余裕の態度なのです。

それもそのはず、公女様自身がそれを望んでいるからです。

皇家の次に権力を持つ貴族、プレデリック家の権力者である公女様の言葉に、ミエールの表情は一気に明るくなります。

さらに公女様は、賢くしたたかで多くの人々の支持を集めており、すでに皇太子妃になるとの噂も出ているほど…

オスカーと結婚し家族ともなれば、もう誰もミエールを攻撃することは出来なくなるのです。

スポンサードリンク

戸惑うオスカーと未来へのイメージを膨らませるミエール

公女様に呼ばれてやってきたオスカーは、どうやらミエールが来ている事を知らされていなかったようで、明らかに困惑しています。

とりあえず席につきますが、その表情は非常に暗いのです。

ミエール「お久しぶりです。お疲れのようですが大丈夫ですか…?」

オスカー「大丈夫です」

ミエール「でも私が…」

オスカー「ミエールお嬢様は何もしなくていいですよ」

公女様「まぁ未来を共にする相手に対してなにを言っているの?」

オスカー「まだ婚約はしてません」

公女様「そうね。あなたはもうじき成人だけどお嬢様はもう1年待たないとね」

公女様の言葉に、頬を赤くして大喜びしているミエールですが、オスカーはそんな気持ちにはなれないのです。

それから公女様はオスカーにもう少ししっかりするようにと注意をして、ミエールにオスカーの無礼な態度を謝ります。

しかしミエールはこの場にいられるだけで嬉しいと、いつものあの笑顔で接するのでした。

ミエール(あの売春婦たちはいないから)

(プレデリックミエールになって平和に暮らしていくのよ)

(過去は忘れて…)

(あぁ…!数年後にはこの光景も当たり前のように感じるのね…)

プレデリック公女様の圧力がかけられる

ミエールを見送った後、オスカーは公女様にもっと関係を大切にするようにと注意しています。

公女様は自身が皇太子妃となった後も、貴族はまだ勢力が足りないから協力する必要があると考えているのです。

そこでミエールとオスカーが結婚すれば、力ある貴族の支持が手に入ると、2人の婚約を押し進めたいところです。

公女様「私のおかげでこの国が成り立っていることはあなただってわかっているはず」

「身分をわきまえなさい。私はプレデリックの平和な未来を願っているわ」

「それとも…」

「あの噂は本当なの?」

オスカー「なんのことですか?」

公女様「あの売春婦の娘が気になっているという噂を聞いたわ」

否定もせず、まるで図星といった態度のオスカーに公女様は怒りがこみ上げ、思わず手が出てしまいました。

バチンッと大きな音を立てて、ビンタを受けたオスカー。

 

公女様「伯爵が売春婦と再婚したと聞いて驚いたけど…」

「人を振り回すのがお上手なのね」

オスカー「違います…」

公女様「心配ないわ」

「問題が発生したら…解決すればいいだけよ」

「あなたは弱者を気にかけるクセがあるから、自分の立場をわきまえたほうがいいわ」

「あなたはプレデリックを引っ張っていく人なんだから」

オスカー「それはお姉さまの…」

「僕は…」

公女様「わかるでしょ?」

「私の考えに不満でも?」

「そんなことをしていたら…」

オスカー「彼女はなにも悪くありません」

公女様「でしょうね。私だって罪のない人間を罰したりしないわ」

「彼女がなにかしでかす前に自分の気持ちに正直になりなさい」

 

公女様はミエール宛に、これからは寂しい思いをさせないと記した手紙を出すように指示します。

さらにセンスがないからと、これからプレゼントは公女様が選ぶと言うのです。

進むべき道に進めるように案内すると宣言して、去りゆく公女様の背中を見ているオスカーですが、なにも言い返すことができませんでした。

アリアに届いた手紙には…

まだ返事も出していないというのに、オスカーからアリアに一通の手紙が届けられました。

2人の恋愛事情に盛り上がるアニー。

どうやらオスカーとアリアの関係は噂になっているようです。

大興奮のアニーから手紙を受けとったアリアは、落ち着いているように見えますが、内心少し嬉しい様子…

アリア「そんなことになったら私が悪女みたいじゃない」

アニー「オスカー様が惚れただけであって奪ったわけではないじゃないですか〜」

「婚約っていう話だけだし!」

アリア「落ち着いて」

アニーに乗せられて、気分良く手紙を開いたアリアでしたが、そこに記されていたのは信じられない言葉だったのです。

 

”卒業が近いので手紙のやり取りは難しくなりそうです。お元気で”

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

悪女は砂時計をひっくり返す【第28話】の感想

エマがミエールを大切にするのは、我が子のように思っているというよりは、自身の辛い過去と重ねて依存しているかのように思えました。

熱心な教育もあり、こうしてプレデリック家のオスカーと婚約まで持ち込むことに成功したのは非常に誇らしいことでしょう。

それは、アリアなんかに奪われてたまるかと躍起になるのも分かります。

ただやり方は汚いですが…

それにしてもミエールとオスカーの婚約は、オスカーの気持ちなんて関係のないところで進んでいますね。

家のための婚約で、さらにはアリアが気になっているオスカーと婚約をして果たしてミエールは幸せになれるのでしょうか?

この婚約によって誰も幸せにならないような気がしてなりません。

ただアリアへの気持ちから奪い取れたと、ミエールは優越感に浸れるかもしれませんね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第28話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク