ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第27話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

悪女は砂時計をひっくり返す【第27話】のあらすじ・ネタバレ

大きな爆発音がして、アリアの手を引き走り出したアース。

そんな彼の背中を見ながら、何かに導かれるように後ろを走っています。

アリア(爆発音に人々の悲鳴)

(私を握る彼の手は…すべてを知っているかのように私たちを導いてくれた)

 

人気のない薄暗い路地まで逃げてきた2人。

少し落ち着くと、繋いでいた手に気づき慌ててその手を振り払います。

アリア(最近気づいたけど私って…)

(驚くとすぐに理性を失うのね。あいつを救いの手と勘違いした!)

後悔の気持ちに苛まれ、頭を抱えているアリアを見たアースはなんだか笑っているのです。

さらに遠くまで走ったせいで少し汗をかいているアリアに、春節祭の記念品としてもらったハンカチを差し出し、さらにイラつかせます。

自信満々で走ってきたけれどここがどこか分からないなんて、能天気なことを言うアースに、アリアは一瞬でも理性を失った自分が情けなく、再び頭を抱えることとなるのでした。

この男のこと…

周りを見渡してみても、どうやら全く知らない場所に来てしまったようです。

裏道も知っているくらいなので、もしかすると端の方まで来てしまったのかもしれません。

ヒールの靴で長距離を走ったせいで、若干足も痛みはじめたため、一刻も早く戻りたいのですが、もちろん帰り道なんて分かりません。

なんとなくの勘で、空が明るい方へと歩き出したアリア。

しかしどうしても足が痛んで、歩くのが辛いのです。

それに気づいたアースはおんぶをしようかとアリアの前に座ってみせますが、痛くとも助けてもらうのは嫌だと自らヒールを脱いで歩き始めます。

アース「ハハ。貴族のお嬢様なのに裸足で歩くんですか?」

「そんなに僕におんぶされたくないんですね?」

アリア「どうせあなたにしか見られないもの」

アース「そんなに警戒しないでください。僕はお嬢様にとってプラスになる存在かもしれませんよ」

アリア「そんな感じはしないですけど」

アリア(いまさらいいイメージがつくとでも思ってるのかしら?)

 

アース「僕のことをまだご存知ないようですね」

アリア「あなたこそ」

アース「それはどうでしょう」

「僕はお嬢様のこと結構詳しいと思いますよ」

そう耳元でささやくアースですが、アリアはどうせ何か噂でも聞いたのだろうとみています。

ミエールが流さない以上、ミエールの誕生日の後は悪い噂は流れていないはずなので、そんなに気にする必要もなさそうです。

スポンサードリンク

アリアは夢のような時間を過ごす

アース「お嬢様は外見と性格が違うということはわかっています」

アースが発した言葉に、アリアは冷静ではいられなくなってしまいました。

腹が立ち、何が言いたいのかと振り返ったアリアはじっと見つめるアースの瞳に言葉を失います。

アリア(あの目…はじめて会った時からなぜか…この視線から目を離せない)

(どうしてだろう…)

(懐かしくも思えてしまう)

アース「近いうちにお話しします。僕について…」

「もう少し仲良くなってからですけどね」

「またお会いしましょう。近いうちに会える気がします」

アリア「なに…」

アリア(私はお断りよ!)

そのままアースは、アリアを1人残して街並みの中へと消えていってしまったのです。

どこに行くのかと尋ねようとしたところで、ジェシーたちがやってきました。

何が起こるか分からないのですぐに帰ろうと言うジェシーたちに、今のは幻覚だったのかもしれないと状況が理解できないアリア。

しかしアースがささやいた耳元の感覚と、裸足の足元はそのままで、きっと夢ではないのだろうと思いながら、その場を去るのでした。

ミエールがついに行動を起こす

後日、あの爆発音の正体についてアニーが手に入れた情報を話してくれました。

どうやら公演用に準備していた爆竹が客席にあったらしいのです。

ちゃんと管理ができていなかったせいで起きた事故ですが、怪我人は王室で治療を受けたんだとか…

この話で盛り上がるジェシーとアニーですが、アリアにとってはそんなことはどうでも良いのです。

アリア(考えてみれば私はあの人のことをなにも知らない)

(田舎の貴族ってことくらいしか…)

(マナーもないし知ったかぶりしてるし、あの人を見下してる感じとか…)

(あいつが私のなにを知ってるっていうのよ?)

本を読んでいたものの、あの日のことが思い出されイライラがこみ上げてきたところで、アニーからミエールに関する情報を耳にします。

どうやらミエールはプレデリック公女様宛に手紙を送ったようで、その内容はオスカーについてビッシリ書いたものだったのだそう。

手紙を受け取ったプレデリック公女は早速自宅へとミエールを招き、お互いの将来について話そうと持ちかけました。

 

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

悪女は砂時計をひっくり返す【第27話】の感想

アースについて、ますます謎が深まるばかりです。

アリアと接触したくて連れ去ったのかと思いましたが、結局核心には触れず終いでした。

しかしアリアについてよく知っているような口ぶりは、なんだかモヤモヤしますね。

レインにあれこれ調査させているから知っているということなのかも!?と思いましたが、アリアの感じた懐かしい気持ちが過去と繋がっている可能性もあり、もしかすると本当にアリアのことを詳しく知っているのかもしれません。

ますます侮れない存在となりました。

近いうちにと言っていたので、また接触してくるのは確実ですが、正体が早く知りたくてたまりませんね。

自分のことでいっぱいいっぱいになっているこのタイミングで、ミエールが行動を起こしたという情報を手にしたアリア。

果たしてどう動くのか。

ミエールの思惑も気になるところです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第27話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク