ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第25話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

悪女は砂時計をひっくり返す【第25話】のあらすじ・ネタバレ

アリアはサラの手を取って語りかけます。

アリア「サラお嬢様の手…温かいです」

「侯爵様の手が冷たいと言っていましたよね?今度会ったら優しく握ってみてはいかがですか?」

サラ「そんなことしたら…!」

アリア「最後に…サラ特製の刺繍入り手袋を渡せばもう完璧です!」

恋話に花を咲かせ、2人は大盛り上がりです。

今度のデートに向けて今から手袋を用意しようとしているサラ。

次のデートには侯爵様のお気に入りの湖に誘われたのようです。

正直アリアは女性慣れしていないために湖にしか誘えなかったのでは…?と思っていますが、そこには触れないでいるのです。

あれこれとアドバイスをしていると、サラは自分より若いのに色々と詳しいアリアに驚いている様子です。

過去に出会った男たちとの経験談を話しているだけですが、平民たちはよく恋バナをするんだと言って誤魔化すのでした。

あの男、再び現る

あっという間に帰る時間となり、手袋を作らないといけないからと帰るサラを見送りに表へ出たところで、見たことのない馬車が来ているのに気付きます。

またミエールに媚を売るあの男、フィノ・レインが来ています。

アリアに気づいた男は、ミエールに会いたいようですが、両親の外出中だからときっぱりと断ります。

もう知り合いなのに許可してもらえないなんてと、落ち込む素振りを見せた男ですが、ミエールにプレゼントをあげまくっているやつなんて好きになれません。

アリア「前にもお伝えしましたがミエールには婚約者がいます」

「ほかの男性との変な噂が流れては困るので」

レイン「お茶だけ…」

アリア「無理よ」

笑顔で対応してはいますが、アリアはもう腹が立って仕方ないのです。

そんなアリアを見たサラは、優しくアリアの手をとると、自分も同席することを条件にお茶をしようと提案しました。

アリア(なんてことを…サラにこの状況を見せたくなかった私もまだまだ子供ね)

スポンサードリンク

チューリップの花束

レインは「ふ〜ん」と意味深な表情を浮かべながら、その条件を受け入れてくれました。

それからアリアにチューリップの花束をプレゼントにと渡してくれたのです。

しかし、ミエールに用意されたあのプレゼントの山と比較すると、なんとも言えない気持ちです。

とは言ってもお礼を言わないわけにはいかず、とりあえず香りを褒めておくことに…

レイン「主人のお気に入りの花なんです」

アリア「まぁ…国花がお好きだなんて愛国心が強い方なんですね」

レイン「そうかもしれません」

アリア「この花はどちらで買われたんですか?」

レイン「家の近くで買ったもので…」

アリア「家の近くですか?」

「新鮮な状態なので家はこの近くのようですね。だからこの間外国の貴族と言ったら笑っていらしたのね」

気づいていないフリをしていましたが、最初から態度や話し方で分かっていたアリア。

今回、この花束でその予想がほぼ確信へと変わりました。

しかし自分が把握していない貴族がいたようにも思えず、モヤモヤした気持ちは続いていくのです。

お茶会で聞かされた毛皮の真相

ミエールを待っている間、3人は先にお茶を始めています。

アリアはレインの上司が何者なのかが、ずっと気になっています。

アリア(もしかして皇太子なの?)

(皇太子はプレデリック公女と婚約してたはず)

(オスカーとミエールも婚約して公爵・伯爵家が一層勢力を高めるって…)

(邪魔されたら公爵家が黙ってはいないはず)

(もう少し情報があればいいんだけど)

 

情報集めを決意したアリアは、アニーに持たせていた砂時計の箱を受け取り、首に下げている時計で時間を測り始めました。

アリア「レインさんのご主人様は…ミエールに会ったことがあるんですよね?」

レイン「はい。情報がはやく的確に動いておられるそうです」

アリア(砂時計のせいでまた変わった?)

アリア「それは事業に関してですか?」

レイン「私も伯爵様から伺いましたが、毛皮の事業についてアドバイスされたとか」

「いや…正確には王女様のファッションについて分析されていたようです」

アリア(それって私が言ったやつ)

(じゃあ私と伯爵の関係がよくなったわけじゃなくて…ただ利用されていただけじゃない!)

(実の娘だけが評判が上がるように…)

(信じられない…私はなにを考えていたのかしら…)

(アピールすればなにかがよくなるとでも思った?)

(伯爵にとって私はただの邪魔者なのに)

(勘違いしていたわ)

(考えが甘かった…!)

 

レインは直接会ったとき、聞いていた感じとは違うなと思ったらしいのですが、中身はすぐに判断できないからと笑っています。

アリア「なんの努力もせず人の立場を奪うのに中身がいいはずがないわ」

突然のきつい言葉に、思わずサラは持っていたグラスを落としてしまいます。

しかし周りの状況は今のアリアにとって重要ではありません。

やっとの思いで手に入れたにも関わらず、こんな仕打ちを受けるなんて…

席を立つと、たたみかけるかのようにレインに向かって怒鳴りつけるのです。

アリア「そんなに身分が重要?身分が低いとなにをしてもダメなの?」

「貴族がなによ…!」

「そんなやつらに少しでも褒めてもらおうと必死になった自分がバカみたい!」

そして机に打ち付けるように砂時計をひっくり返すと、時間は5分前へと戻りました。

ミエール登場

レインとサラは自己紹介をして和やかに過ごしています。

なんとか落ち着こうと思っていたところ、ミエールが登場します。

立ち上がって挨拶をするサラを無視して、レインに挨拶するミエール。

明らかにサラは困惑していますが、今のアリアは気持ちを落ち着かせるので精一杯…。

けれど、1人で頑張ったところで意味がなかったことに早く気づけてよかったのかもしれないと自分に言い聞かせながら、じっと座って話を聞いていました。

そこでレインがカジノの再開についてミエールに意見を求めます。

どうやらミエールを試すようです。

 

よくわからないと言いながらも、いつものように自信ありげに意見を述べ始めたミエール。

ミエールの意見としては、賛成なんだそうです。

今後は国が運営するようになれば、投資も増やして観光名所にしても良いとか言っています。

入り口に皇太子を称える像を作るなんて意味不明なことを言うので、思わずアリアは吹き出してしまいます。

お茶の葉が口に入りそうだったと誤魔化しますが、レインの困った表情が尚更面白くて笑えます。

レインは次にアリアに意見を求めてきました。

ずっと2人で喋っていたにも関わらず、急に意見を求められ非常に不快ではありますが、答えることにしたのです。

 

アリア「私は反対です」

「国で管理するということは合法的な賭博場になりますよね。国庫と繋がりのある場所が制限されることはないだろうし…」

「利用者は国を信じると言うけれど賭博にかわりはありません。利用する者はほとんどが財産がない一攫千金を願っている平民ばかりです」

レイン「それなら保有財産によって利用できる額を決めるとか…」

アリア「基準はどうやって決めるんですか?」

「土地の数?税金?手持ちの現金?そんなもので基準なんて決められますか?」

「そもそも賭博をしようとする人にそんなの意味があります?」

「賭博は平民の場合すぐに破産へと繋がります。そうすると貴族や上の方々にも影響が及びます」

「平民たちがボロボロの服で外を歩けば気づきますか?」

「皇太子の銅像!」

「皇太子にすべてを奪われてしまったわ!私をどん底に落としつけた人は…この皇太子なのね!って…なりませんか?」

「この意見をどう思われるかわかりませんが、これが私の考えです」

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

悪女は砂時計をひっくり返す【第25話】の感想

今回はいろいろな事件が起こりました。

サラと侯爵が順調そうで何より!と大盛り上がりで終わるはずだったのに、レインの登場で一気に重い気持ちになってしまいました。

それだけならまだしも、一緒にお茶をするなんて展開は誰も得をしないのでは?と思えるほどでしたね。

しかしレインの主人について新たな情報が手に入りました。

アリアの受け取ったチューリップの花束です。

確か以前、砂時計を直しに行った時に出会ったアースという謎の男性からもらったのも、確かチューリップだったような気がします。

もしかしてレインの主人はアースだとすると、ミエールと勘違いしているが会ったことがあるという点だったりには納得がいきますよね。

それにしても、毛皮の話をしたのがミエールになっているのには納得がいきません。

これもなにかすれ違いがあるはずと思って、今後の展開を見守りたいですが、ミエールに全て良いように持っていかれるのはやはり嫌ですね。

カジノの件もそうですが、2人の意見を聞いていたらさすがのレインも気づきそうなものですが…

どこか少し抜けていそうで、正直なところあまり期待できないんですよね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第25話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク