ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第15話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

スポンサードリンク

悪女は砂時計をひっくり返す【第15話】のあらすじ・ネタバレ

馬車の故障の件について警備隊の名を出した途端に、様子の変わったミエールを、アリアはどんどん追い込んでいきました。

馬車の状態を知っていたかのようなことを口走ってしまったため、一気に不利になったミエールでしたが、侍女から耳打ちされて弁解を始めたのです。

しかしアリアも負けてはいません。

アリア「たまたま運が良かっただけかもしれないじゃない?」

「タイヤが外れて馬車に押しつぶされていたかもしれないのよ」

「もしその馬車に乗っていたのがミエールだったら!」

「あなたからそんな話を聞いたらあなたは平気でも私は…!また同じことが起こったら…次こそ馬車が潰れてしまったら!?」

「そんなことをずっと考えてしまいそうだわ…怖い…!」

そう言ってお母様の胸の中へと飛び込んでいきました。

そして、判決はお母様に委ねるということをミエールも提案するのです。

アリアはお母様が自分の味方だと分かっている以上、怖いものはありません。

アリア(ミエール答えなさい あんたの部下が震えているじゃない)

(とっとと答えてちょうだい!)

(あんたはもう用済みってその口から!)

ミエール「…そうですね」

イレクト「ヒィィ…」

ミエールの一言で判決はお母様の意見に委ねられることとなり、イレクトはその場に崩れ落ちるように倒れ込んでしまったのです。

アリアには朝から良いことが続く

その後食事の席に、ミエールの姿はありません。

体調が悪いと部屋にこもっていると聞いて、部屋にばかりいて心配だとアリアは心にもないことを言っています。

アリア(私に会うだけで気分が悪くなるでしょうね 今日なんて特に最悪だったでしょう)

(あんたがどんなに頑張っても私には勝てないのよ)

(殺される運命だったけどそんなことはもうどうでもいい)

アリアは思わず鼻歌を歌ってしまうほど、上機嫌でいられます。

 

そこへ、執事が宝石店の者がやってきたとアリアを呼びにやってきました。

昨日あの場で味方しただけで、執事の態度がコロッと変わっています。

前の人生では、こんな簡単なこともできずに苦労していたなんて嘘のようです。

オスカーへのお返しが届いたと知るなり、みんなが集まる前に行くようお母様に言われ、アリアは早速受け取りに向かいます。

 

注文していた品も完成しており、実物を見させてもらったのですが、あまりにしっかりした作りに驚きます。

お礼を伝えて、判決言い渡しの場へ戻るアリアは、なんだか今日が楽しい1日になるような気がしているのでした。

スポンサードリンク

どんな判決が下されるのか…?!

お母様「判決をくだすわ」

「イレクトをロースチェント家から解雇する」

「それからヤギーの担当業務は馬小屋の掃除に変更よ」

イレクトの解雇はもちろん、若くないヤギーが基本的に新人に任せられる馬小屋の業務に変更となり、当然のことながらその場は騒然となります。

 

ミエールは立ちくらみがしたのか、いつもそばにいる侍女エマへもたれかかり明らかに体調が悪い様子。

先に部屋へ戻るというミエールを呼び止めたのは、もちろんアリアです。

アリア「私のことをそんなに心配してくれたのね…」

「ゆっくり休んで元気な姿を見せてくださいね」

ミエール「そ…そうさせてもらいますね」

「ではお先に…」

愛想笑いを見せてその場から立ち去ろうとするミエール。

アリアは再び、呼び止めるとジェシーに先ほどのネックレスを出すようお願いするのです。

するとエマは、もう1人の頬にソバカスのある侍女に受け取りに行くよう、顎を使って指示します。

アリアからプレゼントを受け取ったソバカスの侍女は、エマの顔色を伺ってその箱を開封したのです。

美しいネックレスに、その場に居合わせた他の侍女たちは「わぁ!」と歓声を上げました。

アリア「ドレスのお礼もまだだったから受け取ってくれると嬉しいわ」

ドレスを借りただけなのに、こんなにも立派なお返しを用意してしまうアリアに、周りからは羨ましがるような声が聞こえています。

お返しに満足できていないようなミエールですが、アリアは一度つけてみるように提案してみます。

断りきれずにネックレスをつけたミエールとエマは複雑な表情ですが、ソバカスの侍女とアリアは満面の笑みを浮かべているのでした。

執事任せで自分では何もしていないと分かってはいましたが、お母様にもお礼を伝えて、この件は一件落着となりました。

次の作戦

ミエールが恨みを買って首でも切られればよかったものの、当然ながらそううまくはいきません。

次のチャンスを狙おうと、部屋で1人お茶を飲んでいたアリア。

ふと、ミエールの側からいっときも離れないエマが気になります。

この先とんでもない悪女になるミエールですが、今はたったの13歳。

この馬車の一件は、ミエールの考えだけではないように思えるのです。

次はエマについて調べる必要がありそうです。

まずはあのソバカスの侍女に近づいてみようとターゲットを絞りました。

アリア(今回の件にエマが関与していれば…私が殺された日も関連していたかもしれない)

またあの処刑の日の記憶が蘇り、首が痛むような気がするのです。

しかし砂時計を手にすると少し落ち着いてきました。

 

そこへ手紙を届ける準備ができたとのことでジェシーがやってきました。

レター用紙にオスカーへの感謝の気持ちを一筆書き入れると、早めに送って欲しいと言って手渡しました。

楽しみだなんて思いながら、箱から砂時計を取り出し机の上に立てました。

アリア(ミエールの焦る顔が早く見たいわ)

 

ジェシー「お嬢様 お茶を新しくお入れしますか?」

アリア「え?」

アリア(なに…?)

その手にはオスカーに手紙を書いた時に使ったペンが握られていました。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返すのネタバレ一覧

 

悪女は砂時計をひっくり返す【第15話】の感想

ミエールの件は、アリアの計画通りいきました。

しかし当然ながらミエールを処分するような展開にはなりませんでした。

やはり人生をやり直すまでのアリアの行動もあるので、少しずつミエールへの不信感を高めていく必要がありますね。

そこで次のターゲットとして挙がったのが、ミエールにいつもピッタリひっついているエマです。

冷酷そうな表情からも、ミエールに手を貸していそうと非常に怪しい侍女ですが、堅物そうでなかなか戦う材料を集めるのも難しそうです。

ソバカスの侍女をどう使うか、アリアのやり方に注目です。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第15話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク