ピッコマ|悪役が施す美德【第68話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。

侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」

しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…

そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?

自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪役が施す美德【第68話】のあらすじ・ネタバレ

結婚式に向けて準備を進めるジンジャーとイザナ。

今日は衣装打ち合わせの日です。

準備されたのは、貴族ですら予約待ちのアトリエで、はるばる宮殿に出張してくれました。

あまりに完璧すぎる展開に、ジンジャーはもううっとり。

まずはウェディングドレスのデザイン選びと手渡されたカタログを広げると、イザナがどうやら気になるデザインを見つけたようです。

それは肩のラインを強調したドレスで、ジンジャーは肩のラインに自信があるんだとイザナのセンスを褒めるのですが、イザナがこのドレスを選んだのは”黄色だから生姜によく似合いそう”という理由だったのです。

生姜という愛称を聞いたアトリエのスタッフは、ユニークで愛らしい呼び方でイザナのジンジャーに対する愛情が感じられると目を輝かせていますが、全くどこかそんな風に思えるのかジンジャーにはさっぱり理解できません。

呼び方がついに明らかに

ここでジンジャーは、この間イザナに仕込んでおいた例の呼び方をするようにと指示します。

まさかこんなところであの呼び方を!?と戸惑うイザナですが、ジンジャーの甘える姿に負けてしまうのです。

イザナ「実は…ジンジャーにはちゃんとした愛称があるんだ」

「お…俺の愛しの仔羊…という」

スタッフ「陛下はジンジャー様にメロメロなのですね!」

望み通りの反応を手に入れたジンジャーは、満足げに笑っています。

しかしイザナは、この程度で終わらせるつもりはありません。

イザナ「ジンジャーはこの世の何よりも愛おしい」

「ジンジャー色に輝く髪と麗しいカボチャ色の瞳…」

「…まるで森の奥に住む小さな妖精のようだ」

「その神秘的な妖精を目にすると誰しもが釘付けになってしまうという。だから俺はジンジャーから目を離すことができないのか…?」

 

イザナの口から次々と出てくる甘すぎる言葉に、意地悪するつもりで仔羊と呼ばせたはずなのに、結局倍返しにされた気分なジンジャー。

平気なフリをしていますが、頬は赤くなりニヤける表情も隠せません。

スポンサードリンク

ジンジャーの決意は変わらない

ドレスの注文がやっと終わり、ジンジャーはどっと疲れたとソファーに腰掛けます。

隣にやってきたイザナに、さっきの森の妖精という呼び名について聞いてみることにしました。

するとイザナはまさか自分もあんなキザなセリフが言えるとは思っていなかったと打ち明けます。

しかしジンジャーが望むなら、もっとたくさん甘いセリフを聞かせてくれるというので、その言葉に甘えてお願いすることに決めました。

そしてイザナが話し始めたのは、塔に閉じ込められた幼い頃の孤独な時期のことでした。

その辛い状況の中、光として現れ外の世界に導いてくれたのがジンジャーだったんだという話を聞いて、ジンジャーの目には涙がこみ上げてきました。

感極まりイザナに抱きつくジンジャーですが、その光の正体がこんなにも美しい女の子なんて想像もしなかっただろうと、いつも通りの自画自賛ぶり…

これにはイザナも少々戸惑う様子。

ただジンジャーがイザナの塔での日々を忘れさせたいという気持ちは本物なのです。

 

数日後

ジンジャーはサラからイザナが毎日のようにドレスショップに足を運んでいるという噂を耳にすることになりました。

ドレスショップで働いている友人情報らしいので、ある程度正確な情報だと思われますが、もしかするとサプライズで用意しているのかもしれないと、余計なことを言ってしまったことに落ち込むサラ。

しかしジンジャーはそんなことは気にしていないようで、むしろサプライズを仕掛けようとするイザナの可愛さに惚れ惚れしています。

一体どんなドレスを選んでいるのか気になるため、見に行こうかなと思いながら馬車へと向かうと、そこにはハメルの姿がありました。

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

悪役が施す美德【第68話】の感想

なんだかハメルのシリアス展開を期待していた私は、また2人のイチャイチャ話か…と思いながら読んでしまいましたが、最終的に今回もキャッキャとする2人の姿がまた目の保養になりました。笑

第67話でジンジャーが仕込んでおいたのは、仔羊という呼び名だったんですね。

本当に人前で呼ぶには、非常に抵抗のあるセリフですが、完璧に呼んで見せただけでなく、もっとキザなことまで言っちゃうイザナはさすがすぎました。

またこうして結局ジンジャーはイザナの思うように転がされちゃってるんですけどね。

さらにサラから、サプライズを計画しているような話を聞かされることになりました。

一体どんなドレスを選んでいるのか、私も非常に気になります。

やっぱりここは生姜の黄色いドレスなんでしょうか?

しかしここでハメルが戻ってきたことにより、ドレスより大変な展開になってきました。

ハメルの旅の話が聞けるのが、今からとっても楽しみでなりません!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第68話】のネタバレをご紹介しました。

悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク