ピッコマ|悪役が施す美德【第58話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。

侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」

しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…

そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?

自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪役が施す美德【第58話】のあらすじ・ネタバレ

キキが去って再び2人の静かな時間が戻りましたが、ジンジャーは酔っ払ってイザナの力のことを喋ったのが本当に許せません。

もしかしたら今後人前でも喋ってしまうかもしれないと思うと非常に不安でもあります。

しかしイザナは小説の展開と現実がこんなにも変わってしまった以上、キキが本の内容について話したところで誰も信じないだろうと考えているようです。

それにバカでない限り、王室を冒涜するような行動には出ないはずです。

流石のキキでも公爵令息だからそれくらいは弁えているはずだと、ジンジャーもイザナの意見に納得しました。

 

イザナ「それより生姜令嬢が書いた偽の小説はどこにあるんだ?」

「どんな内容なのか気になる。見せてくれ」

ジンジャー(あぁ…なんで今になってその話に!!)

イザナ「ララが正体を明かしてまで俺に見せるのを阻止したんだろう?」

「読んでみたい」

ジンジャー「ど…どうかそれだけは勘弁してください…!あんなの見られたら死ねます!!」

「こういうときだけキラキラした目で見ないでぇ!!」

小説通りの幸せな結末

偽の小説を読めないと知ったイザナはなんだか悲しそうな顔をして、そっぽを向いてしまいました。

イザナ「そうか…どのような結末を迎えるかだけでも知りたかったのに…」

ジンジャー「あ…えっと…結末は…陛下と私が恋人になってめでたしめでたし的な…?よくあるハッピーエンドにしたので…」

「だって…小説の結末が悲しすぎるから!」

「せっかくなら希望ある内容をお見せしたいとおもったんです…!悪気はなくて…」

イザナ「それなら…生姜令嬢が書いた小説の展開通りに進めてみようか?」

ジンジャー「はい?」

イザナ「ジンジャー・トルテ。おまえが好きだ」

「俺の気持ちを受け取ってくれないか?」

イザナはジンジャーの手を取ると、優しくキスをするのです。

 

一体何が起こったのか理解できず、ポカーンとした表情を浮かべているジンジャー。

幻聴かもしれないと、果たしてこれが本気の告白なのか尋ねるほど驚いています。

しかしイザナは100%本気だと言って、にっこりと笑うのです。

その言葉にジンジャーの目からは、ぽろっと涙がこぼれ落ちました。

突然泣き出したジンジャーに、どうしたら良いのか分からず慌てるイザナ。

するとジンジャーは、あれほど夢に見てたことが現実になったのが嬉しくて…と泣いている理由を話します。

イザナはクスッと笑うと、ジンジャーのために用意したものがあると言って、ピンク色に輝くネックレスをプレゼントしてくれました。

 

イザナ「何もかもがはじめてのことだから気持ちに気づくのに時間がかかってしまってすまなかった」

「まだ呪いも解けていないけど…俺の全てをかけておまえを大切にする」

「受け取ってくれないか?」

嬉しさのあまりイザナの胸へと飛び込むジンジャー。

ジンジャー(ずっと前から ひょっとすると…初めて会った瞬間から)

ジンジャー「好きです陛下…」

 

お互いに見つめ合う2人。

イザナの顔が次第にジンジャーに近づき、ジンジャーはスッと目を閉じます。

そうしてイザナはジンジャーにキスをするのです。

初めてのキスなのに少し展開が早すぎたのではと気遣うイザナ。

しかしジンジャーは”はじめてじゃない”心を読まれてしまい、イザナを怒らせてしまいます。

せっかくの幸せな展開からいきなり喧嘩に繋がってしまうなんて、ジンジャーは全く想像もしていませんでした。

もう言い逃れはできないと、以前塔で事故的にキスをしてしまったことについて打ち明けると、イザナはいつものように少し冷めた目でジンジャーを見て「けしからん生姜だ…」と呟くのです。

しかしすぐに笑顔に戻ると、そういうところが愛おしんだと言って再びキスをするのです。

 

ジンジャー(ホントに夢じゃないんだよね…?)

(現実なんだよね?)

スポンサードリンク

ママの強さから感じる愛

数日が経ってもジンジャーは未だ実感がありませんでした。

自室に篭りプレゼントしてもらったネックレスを眺めていても、イザナと付き合っているなんて信じられないのです。

するとそこに入ってきたのはママです。

ネックレスを見るなり、イザナは本当にジンジャーのことが大好きなんだろうと言ってくれました。

まだ夢のような気がしているんだと打ち明けると、ママはジンジャーの手をギュッと握ってくれました。

ママ「幸せすぎると臆病になるものよ」

「心配しないで。今は幸せを噛みしめなさい」

「人生も人と人の縁も誰も予想できないものなの」

「過去や未来にとらわれ今が疎かになってしまわないように」

「誰かを愛し、誰かに愛される今のジンジャーは誰よりも美しく輝いているわ」

ジンジャー「ママ…」

 

ジンジャーはまだ幼い頃に父親を亡くしました。

それからママは侯爵の務めを果たしながら、女手一つでジンジャーを育てたのです。

先に逝ってしまったパパを恨んだっておかしくはないのに、いつも眩しいほどの笑顔を見せてくれたママ。

もしかしたら今を幸せに生きているからかもしれません。

思わずジンジャーはママに抱きついてしまいます。

ジンジャー「誰よりも大切で尊敬するママ…愛してる」

ママ「ママも愛してるわ、ジンジャー。ジンジャーには愛され幸せになる資格が充分ある」

 

親子の時を楽しんでいたところ、メイドが部屋へやってきました。

なんとレラジエが訪ねてきたというのです。

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

悪役が施す美德【第58話】の感想

ついに待ち望んでいた展開となりました。

まさかジンジャーの書いた小説の話からこんな流れになるなんて、想像すらしていませんでした。

ジンジャーの反応も本当に信じられないといった様子で、それだけ嬉しかったという証拠でしょう。

最悪の第一印象から、レラジエという敵との戦い、キキという邪魔者の追放とあれこれ事件がありましたが、これで偽の小説通りのハッピーエンドを迎えることができました。

キスの流れからいきなり喧嘩しちゃうのも2人らしかったですよね。

それにしてもママの言葉はなんだかいつも的確で胸にささります。

ジンジャーもママと話をして、やっと夢じゃないと実感できたのではないでしょうか。

このまま幸せな時が続けばと思っていましたが、そうですよね、レラジエ様がそうはさせてくれないですよね。

キキのようにあっさりいくとは思えませんもんね…

どんな作戦を立ててきたのか分かりませんが、また一波乱起こりそうな予感です。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第58話】のネタバレをご紹介しました。

悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク