ピッコマ|悪役が施す美德【第54話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。

侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」

しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…

そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?

自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪役が施す美德【第54話】のあらすじ・ネタバレ

どこにでもついていくからと、イザナの手を取り微笑むジンジャー。

しかしイザナはまたあの日のように酔わせるつもりなのでは…!?と疑っているようです。

下心があったわけではないと弁解を試みるも、そうでないならなぜワインを持っていたのかとむしろ追求を受けてしまうのです。

ワーワー言いながら、顔を掴んだりとやりあう2人に、ハメルはゲシュトの研究室に手掛かりが残されていないか見てくると告げました。

確認した後すぐに向かうからと、2人には先に塔に向かっていて欲しいと言うのです。

そしてイザナにだけ伝わるよう、心の声で話しかけます。

ハメル(お二人のお気持ちも確かめられてください…)

 

ハメルの気持ちを受け取り、ジンジャーを連れて先に塔へと向かうイザナ。

ハメル(小説でも現実でも)

(登場人物全員が幸せになるのは無理だろう)

(それでも…)

(終わりがある小説とは違い、現実は命が尽きるまで終わらない)

(次にまた私にチャンスが訪れれば…)

(そのときは絶対に離しません。ジンジャー様)

全てを知ったイザナの気持ち

塔へ向かう道中、ジンジャーはイザナにこれまでハメルのことを黙っていたことについて謝りました。

イザナは信じていた2人にまんまと騙されたと、ふてくされたようにジンジャーを見つめます。

しかし、ララにも言わないように言われていたし、事情があるみたいだったために話せなかったと言い訳をするのです。

するとイザナはララから全て聞いていると言って、ジンジャーの頭を優しく撫でてくれました。

闇雲に正体を打ち明けられなかったことや、正体を隠すために魔法アイテムをつけていたこと…

本当にイザナは全て知っているようです。

そうなるとジンジャーが偽の本を書いたことも知られている可能性が高く、恥ずかしさのあまり泣きたい気分です。

 

イザナ「まぁ…裏切られた気持ちにはなったし」

「もっと早く打ち明けて欲しかったとも思うけど」

「ララも俺と同じ気持ちだったことが分かったから」

ジンジャー「同じ気持ち…ですか?」

イザナ(力のことを話せば気味悪がられるかもしれないと躊躇っていた俺)

(正体を明かすことで俺との関係に亀裂が入るのではと悩んでいたララ)

イザナ「兄弟のように思ってきたからこそお互いを失うのが怖かったんだ」

ジンジャー「……」

ジンジャー(2人の関係はもう元には戻らないかもしれない)

(許すことと信じることは別の問題だから)

(でも…)

スポンサードリンク

イザナの1番になりたいジンジャー

塔の扉の前に立った2人。

そこでジンジャーは、イザナが勇気を取り戻せるようにと何がなんでも呪いを解こうと、イザナを励まします。

勇気と言われてもいまいちピンとこないイザナ。

しかし今回もジンジャーはあくまで本気のようです。

ジンジャー「信じるのって思ったより難しいんです。信じてる人に裏切られると傷つきますし」

「ですが心から信用できる人に出逢えればそれ以上に幸せなことってありませんよ」

「心を許す人第一号には、このジンジャー・トルテをお選びくださいませ!」

イザナ「ジンジャーおまえ…」

「人の心が読める俺が怖くないのか?それに…」

「俺の父親は権力を悪用し弟を殺したかもしれないんだ」

ジンジャー「……」

「だったらなんなんですか?」

「陛下は陛下です。お父様とは関係ありません」

「陛下はお気づきじゃないようですが…」

「陛下が私の心を読むとき す〜っごくかっこいいんです」

「陛下のその黒い瞳に見つめられると…私…」

「キュンキュンして爆発しそうになります!」

イザナ「…生姜?」

 

ジンジャーの予想外の行動に、少々ビビっているイザナ。

しかし、嘘じゃないと心を読んで欲しいと言ってみたり、まるで犬のように嬉しそうについてくるジンジャーには、もうイザナも敵わないのです。

そして、ジンジャーを心を許す相手第一号にすると約束してくれました。

少し恥ずかしくなったようで、すぐにそっぽをむいてしまいましたが、後ろから見てもイザナが顔を赤くしているのがわかるほどです。

イザナ「だから呪いが解けるまで傍にいてくれよ」

ジンジャー「もちろんです!」

ジンジャー(呪いが解けても解けなくても私は陛下の傍から離れません)

イザナはジンジャーの気持ちを知って、恥ずかしさのあまり視線を合わせていられないほどですが、手を差し出すといよいよ一緒に塔の中へと向かい始めるのでした。

 

その頃、マントを深く被り塔を見上げる人物の姿がありました。

とある扉の前まで向かうと、スーッと扉に手をかけます。

その時、声をかけたのはハメルです。

関係者以外立ち入り禁止だと注意しました。

するとその人物が振り返るのです。

ハメル(!?)

(し…師匠!?)

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

悪役が施す美德【第54話】の感想

ジンジャーとイザナの関係が、回を追うごとに深まっていて嬉しい気持ちの反面、ハメルのことを思うとなんとも哀しい気持ちになってしまいます。

ただジンジャーの真っ直ぐすぎる熱い気持ちは、時にいろんな人の心を救いますね。

登場人物全員の幸せを願いながら自分のことを忘れていたハメルも、呪いと父親にかけられた疑いで塞ぎ込んでしまいそうなイザナも…

真っ直ぐで、ストレートな物言いのジンジャーに何度救われたことでしょう。

いよいよ話は終盤に差し掛かってきたのかなと解決を期待したのですが、まさかゲシュトが登場するなんて!!

なんだか痩せこけたその姿は、本当に不気味でした。

ゲシュトは死んでいなかったのでしょうか?

そうなると葬儀に参加したハメルはパニックになってしまいそうなものです。

何か復活の魔法を使ったりしたのかもしれないですね。

そういったものがあるのかは分かりませんが…

とにかくまだまだ終わらなさそうで、嬉しく思います!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第54話】のネタバレをご紹介しました。

悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク