ピッコマ|悪役が施す美德【第36話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。

侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」

しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…

そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?

自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪役が施す美德【第36話】のあらすじ・ネタバレ

レラジエのネックレスを盗むため、潜入を試みるジンジャーたち。

ジンジャーはハメルに使用人っぽい格好をさせて、あまりの仕上がりにテンションがかなり上がっています。

一方のハメルは非常に不安げ…

ジンジャー「心配ご無用です!こういうときのためにスパイメイドを忍び込ませておいたんです」

「忍び込むことになるとは思わなかったけど」

「今日レラジエが外出したらそのメイドに協力してもらって潜入し、ちゃちゃっとネックレスを盗んでくればオッケー!」

ハメル「はい…」

ジンジャー「こういうのはじめてなのでドキドキします」

「そうだ、頼んでおいたブツは?」

ハメル「あっ」

「お申し付けの通り似せて作ってみました」

ジンジャー「うわ〜本物と見分けがつかないですね!」

ハメル「ですがお話しした通りよく見れば私のイニシャルが刻まれています。小さいのでよく見なければわからないはずです

あまりに完璧な仕上がりに、これならすり替えても気づかれない自信がこみ上げてきて、ついつい表情にも出てきてしまいます。

その顔がまるで悪役のようだと言っているハメルですが、婚約者を奪われたジンジャーはそれくらいどうってことないのです。

ハメルだってレラジエとイザナがくっつくのは見たくないはずですが、やはりそれでもハメルの気持ちは晴れない様子…

やはり人のものを盗むということに抵抗があるようです。

けれど、良心に従ってやっていたのでは、小説通り全員不幸になるだけだとジンジャーは、ハメルを諭すのです。

ジンジャー(イザナにネックレスを渡せば、イザナがレラジエに会う理由がなくなるはず)

(手遅れになる前に急がないと)

ジンジャー「道徳心なんて今は忘れて行きますよ!」

いよいよ潜入!

しばらくしてレラジエ宅ーー

ジンジャーが事前に仕込んでいたスパイメイドを使って、使用人専用の通路から潜入することに成功したジンジャーとハメル。

レラジエは夜まで戻らない予定だそうです。

念のためスパイメイドを部屋の前で待たせて、2人はネックレスを探し始めます。

ハメル「フゥ…こういうことははじめてですので緊張してしまいます」

ジンジャー「なら慣れるまで何度もやっちゃう?」

ハメル「これを…何度も…ですか…?」

ジンジャー(冗談が通じない人ね…)

ジンジャー「冗談ですよ、冗談、ほら肩の力抜いて」

「それじゃ早速ネックレスを探しに行きましょう」

スパイメイド「レ…レラジエ様!」

ジンジャー(えっ…?レラジエ!?)

(出かけてからまだ15分しか経ってないのにどうして!?)

スポンサードリンク

緊急事態発生

レラジエは忘れ物に気付いて戻ってきたと、早足で部屋へ向かってきます。

慌てて部屋中を見渡しますが、もうタンスしか隠れるとことがなさそうなのです。

しかしハメルは閉所恐怖症…

ためらうジンジャーですが、ハメルは覚悟を決めたようです。

2人は急いでタンスの中へと隠れます。

 

メイドが急に大声を出すから驚いてしまったと、不機嫌そうに戻ってきたレラジエ。

一方のジンジャーは、タンスの扉を開けられてしまうのでは!?と怯えながら息を殺しています。

隣では、ハメルが次第にぐったりしはじめています。

ジンジャー(どうしよう…すごく辛そう)

(レラジエが出てってくれないとここから出られないのに 大丈夫かな…)

(がんばってハメル)

優しくハメルの体に触れると、背中に顔を近づけ、静かに励ますジンジャー。

その時、突然ハメルに抱き寄せられてしまうのです。

次第に状況が掴めてくると、いくら怖いとは言ってもこの距離は近すぎると感じるほど…

抜け出そうとすると、今度は頭の後ろ側に手を回されてしまい、完全に身動きが取れなくなってしまったのです。

こんな状況にも関わらず、胸のドキドキは高まるばかり。

ジンジャー(私ってばどうかしてる…)

 

部屋の中では、まだレラジエの探し物が見つかっていません。

ふとタンスに目を向けると、何か布が挟まっているのです。

レラジエ「…あら?」

「……」

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

悪役が施す美德【第36話】の感想

冗談かと思いきや、本当にネックレス強盗実行したんですね!

ジンジャーの考え方がぶっ飛んでいすぎて、いつも冷静沈着なハメルに止めて欲しいと思いながら読み進めるのですが、毎度毎度ジンジャーのペースにのまれていて笑ってしまいます。

ハメルが計画を練って実行すれば、もう少しサクサク進みそうな気もするのですが、そうはいかない2人ですね。

しかしジンジャーがスパイメイドを用意していたとは、驚きました。

計画性があるのかないのか…

メイドを使って使用人専用通路から侵入することに成功した2人でしたが、やはりそう簡単には盗ませてもらえないですよね…

タンスに隠れるハメになってしまいました。

最終的にレラジエにバレてしまったような雰囲気で終わったのですが、果たしてレラジエは扉を開くのでしょうか!?

もし扉を開けそうになったなら、スパイメイドでも誰でも良いので、ちょうど良いタイミングで誰かレラジエを呼び出してくれますように。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第36話】のネタバレをご紹介しました。

悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク