ピッコマ|悪役が施す美德【第26話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。

侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」

しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…

そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?

自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪役が施す美德【第26話】のあらすじ・ネタバレ

イザナにわがままを言って、お泊まりさせてもらった翌朝。

ドキドキして眠れないと思っていたのに、自分の家のように爆睡してしまったのがなんだか恥ずかしいジンジャー。

おまけにイザナが目を見つめて、髪の毛に触れながら名前を呼んでくれた幸せな夢まで…

あまりにリアルな夢なので、なんだか起きても鮮明に思い出されて、1人で大盛り上がりしています。

そこへメイドがやってきて、キキの父親であるミケルセン公爵が到着したとの連絡を受けるのです。

乱れた髪、パジャマ姿、そして誰が見ても寝起きの格好…

これで完璧だとジンジャーはミケルセン公爵のところへと向かうのです。

ミケルセン公爵の説得が始まる

ミケルセン公爵はイザナに、即位後の情勢や領地の人々の暮らしぶりなど報告し、明らかに胡麻をするような態度をとっています。

しかし内心では、こんな若造が早い時間から何の用だ?なんて考えているのです。

そこへパジャマ姿のジンジャーが、イザナを探すフリをしてやってきます。

ミケルセン「ジンジャー・トルテ!?どうしてこんな朝早くに宮殿に…?」

ミケルセン(ま…まさか…昨夜陛下と?)

ジンジャー「あ〜昨日ここに泊まったんです」

ジンジャー(どうだ驚いたか!おたくが言ってた「目上の人」と私がこんな仲だとは思ってなかったはずよ)

ミケルセン「お…おまえ…!」

「婚約者がいる女がなんて軽率な!」

「陛下の前で無礼だぞ!服も着替えないで!!」

「おまえに関するひどい噂は本当だったようだ。いや噂よりもひどい」

ジンジャー「公爵様の方こそ陛下の前でひどすぎます」

ジンジャー(たしかに私のやってることは間違ってる。だけどそれじゃおたくの息子はどうなのよ?)

ジンジャー「息子さんの過ちは正当化するくせにどうして私に…!」

2人の口論は止む様子がありません。

スポンサードリンク

イザナとミケルセンの戦いへ

そこでイザナが一度2人の間に入り話を止めるのですが、またミケルセンはジンジャーを侮辱するような発言をするのです。

ミケルセン「申し訳ございません。このような子だとは知らずうちの息子と婚約させてしまい、陛下に見苦しいところをお見せしてしまいました」

イザナ「このような子…だらしがないと言いたいのか?」

ミケルセン「その通りでございます。陛下は長い間外界との関わりを断っていらしたのでご存知ないかもしれませんが、ジンジャー・トルテは社交界でもよくない噂が絶えません」

ジンジャー(黙って聞いてりゃ好き勝手言いやがって!)

イザナ「そんなに気に入らないのであれば、その婚約破棄してしまえばいいではないか」

「よくない噂が絶えない女と息子を婚約させる必要がないだろう」

ジンジャー(ナイスイザナ!)

 

あまりに的確すぎるイザナの発言に、ミケルセン公爵は何も返す言葉が見つからないのです。

オドオドしている公爵に、イザナはさらに追い討ちをかけます。

誘い「ミケルセン公爵かえってよかった。俺は公爵が今非難している生姜…いやジンジャー・トルテに」

「興味があるんだ」

「そのバカげた婚約を今すぐ白紙に戻してもらえないだろうか」

興味があるだなんて言ってもらえると思っていなかったジンジャー。

ミケルセン公爵のことなんてもはやどうでも良いのです。

聞き間違いかと思うほどに嬉しい言葉…

胸の高鳴りが止みません。

 

結局何も答えないミケルセン公爵に、同意ということで良いのかと尋ねたイザナ。

しかしミケルセン公爵はなんだか納得がいかない様子です。

ミケルセン「…陛下何をおっしゃっているのか理解できません。陛下とジンジャー・トルテは釣り合いません」

ミケルセン(こいつら何を企んでいるんだ?)

(婚約を解消すれば一族の評判が下がるだけでなく、侯爵一族の財産を横取りできなくなってしまう!)

(ジンジャーあいつ、ずる賢い女だとは知っていたが、こんな風に私の邪魔をしてくるとは…!)

イザナ「俺が誰に興味を持とうが公爵には関係ない」

「たとえ相手が公爵が軽蔑している女だとしても」

ミケルセン公爵の心を読んで発言したイザナですが、同時に軽蔑されていたことを知ったジンジャーは怒りがおさまりません。

ついにミケルセン公爵が自らの生意気な発言を認め、謝罪する形になりました。

しかしジンジャーとの婚約破棄についてはまだ納得していないよう…。

イザナ「異議があるのなら婚約を解消できない明確な理由を述べるように。そこまで軽蔑している女を嫁に迎えなければいけない理由を」

「俺にもわかりやすく」

戦いを終えた2人

作戦通りにミケルセン公爵に婚約を破棄させることに成功した2人は、お茶を飲みながらなんだかとても嬉しそうです。

ジンジャーは言いたかったことを全て代弁してくれたので、スッキリしたんだそう。

イザナもまた、王室の次に権力を持つ一族だけれど、傲慢な一面もある公爵に言いたかったことが言えて、スッキリしています。

ここでジンジャーは、さっきの会話の中でイザナが言っていたジンジャーへの興味の意味を、尋ねることにしたのです。

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

悪役が施す美德【第26話】の感想

ミケルセン公爵、本当に性格が悪過ぎます!

ジンジャーを軽視していると言うよりも、もはや女と言う存在を軽視しているようにすら思えますよね。

しかしイザナの協力もあり、ジンジャーは無事に婚約を破棄にすることができたようです。

ただこのままキキが黙っているとも思えないので、ミケルセン親子の今後の動向からも目が離せませんが…

今はこのスッキリした気分にさせてくれたイザナに感謝したいものです。

もちろんジンジャーは、イザナから思いがけぬ嬉しい言葉が聞けたのも、今回は大きな収穫となったことでしょう。

この作戦を乗り越えて、2人がより一層深い仲になれたような気がしますね。

さて、イザナの言うジンジャーへの興味の意味とは!?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第26話】のネタバレをご紹介しました。

悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク