ピッコマ|悪役が施す美德【第21話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。

侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」

しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…

そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?

自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪役が施す美德【第21話】のあらすじ・ネタバレ

やはり探しても本は見つかりません。

サラや他のメイドたちが持ち出すはずがないので、犯人はキキで間違いなさそうです。

いくらキキがバカでも、あの本を読まれてしまったのでは、全てがバレてしまいます。

いますぐ取り返しに行くべきかとも悩みますが、キキがおとなしく白状するとも思えないのです。

むしろ本を使ってジンジャーを脅してくる可能性すら考えられます。

もしかするとレラジエに見せるかもしれません。

どの展開を考えても、ジンジャーにとっては最悪なのです。

ジンジャー(私がどうしてネックレスを狙ってたのかがバレてしまうし、レラジエもイザナをかわいそうに思うはず)

(極めつけはイザナがあいつの運命の相手だってことまで知られてしまう)

(あのレラジエなら死ぬことすらも恐れないかも)

 

あれこれ考えていて気づかなかったものの、ずっとサラがジンジャーの様子を伺っていたようで、自分がしっかり片付けておかなかったからだと謝罪してきました。

サラのせいではなく、人の物を盗むキキが悪いとした上で、明日貸すと約束した本をどうしたら良いか考え始めるジンジャー。

もう禁書だから手に入らない…と悩んでいたものの、この”手に入らない”という事実を逆手にとる方法をひらめきます。

ジンジャーによる究極の作戦

ジンジャーが考えついたのは、なんと自ら小説を書いてしまう方法です。

サラに紙とペンを持ってくるよう指示すると、早速小説を作り始めたのです。

ジンジャー(「幽閉された王子と侯爵令嬢」一から書き直してやろうじゃん)

(ヒロインは侯爵令嬢「ジンジャー」)

(数日前に宴でイザナとの間に起きたことを書いて…後半はレラジエと私の立場を入れ替えたストーリーにするの)

(やがてイザナが恋愛感情に気づき…)

イザナに愛の言葉を囁かれる日のことを想像して、ジンジャーのテンションは上がるばかりです。

これまで読んだ恋愛小説の数が、数百にも上る自分の経験もあり、上手くかける気しかしません。

 

ジンジャー「…降り注ぐ熱い日差しまでもが、口づけを祝福するかのように」

「温かく2人を包み込んだのであった」

「ジンジャー永遠におまえを愛してる」

「やっと…書き上げた「新・幽閉された王子と侯爵令嬢」

徹夜して偽物の小説を書き上げたジンジャーの顔はゲッソリとしています。

結局、レラジエ・ハメル・ゲシュトに関する内容は省く形になったのですが、短編だと言って誤魔化す予定です。

そこへやってきたサラに製本をお願いして、表紙にはピンクの分厚い素材をつけるようにお願いしました。

もちろんジンジャーが書いたというのは2人だけの秘密だと約束して…ーー

スポンサードリンク

いざ出発!と思いきや…

徹夜したせいで、宮殿に行く途中に倒れてしまいそうです。

少し仮眠をと思い目を閉じた瞬間、ジンジャーは眠りについてしまいます。

サラの声で目を覚ますと、本は無事に完成しており、外には馬車が停まっています。

意気揚々と準備して、馬車へ向かったジンジャーは、まるで徹夜などしていないという雰囲気を放ちながらララに声をかけます。

 

ララは早速ジンジャーの持っている小説に気づいたようで、何も言わずじっと見ています。

ジンジャー(なんで本をじろじろ見るわけ?珍しいもんじゃあるまいし)

(まさか…貸してくれって言うんじゃないわよね?)

ララはジンジャーに背を向けると、こみ上げる笑いを必死に抑えているのです。

ジンジャー「ララどうかしました?」

ララ「ジンジャー様…ククッ…その…えっと…プフッ」

ジンジャ「まさか私のこと鼻で笑ってます?失礼すぎません?」

ララ「いえ…そうではなく…ククッ」

「あぁ…申し訳ありません」

面白すぎてつい涙が出てきてしまったララは、メガネを外して涙を拭いています。

そのかわいい笑顔に思わずときめいてしまうジンジャーですが、そんなことを考えている場合ではありません。

ララ「フゥ…失礼いたしました」

ジンジャー「何がそんなにおかしかったんですか?」

ララ「本当にその本をイザナ陛下に渡されるのですか?」

ジンジャー「どうしてそれを…!」

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

悪役が施す美德【第21話】の感想

まさかの自分で小説を書いてしまうという手段にでたジンジャー。

絶対バレると思えてなりません。

もしバレたらまたイザナに笑われてしまいそうなものです。

しかしララには呆気なくバレてしまったようで、大笑いされてしまったのです。

とはいってもどうしてララがあの表紙だけで笑うのかが理解できないのと、もしララがハメルだった場合、身バレするようなことをしても良いのか疑問ですね。

ララの隠している本性があるのならば、早く暴いて協力してほしい気もします。

ララの協力があれば、ジンジャーはイザナとの関係をスムーズに進められそうですよね。

思ったようにいかないんだろうなと分かりつつも、キキには今回こそこれまでの悪さの反省も込めて、本を返してほしいです。

条件などなしに、返してほしい…それだけです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第21話】のネタバレをご紹介しました。

悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク