ピッコマ|悪役が施す美德【第14話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。

侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」

しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…

そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?

自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪役が施す美德【第14話】のあらすじ・ネタバレ

”長身で肩幅が広く、雨雲のような灰色の髪は少し長く固そうで…

高い鼻にかけられた丸い眼鏡の奥の男の目つきは非常に鋭かった”

ジンジャーを迎えに来た、イザナの使いがまるで小説に出てくるハメル・ブレイそのもの。

どうしてこんなことが…と思って見ていると、ジンジャーの手を引き馬車へと案内するのです。

 

ハメルはレラジエが好きでイザナと争うライバル。

そんな人がイザナの補佐官になるわけありません。

そんなことを考えながら馬車へ向かうジンジャー。

すると突然大声を出した補佐官がジンジャーの腕を引き上げます。

ジンジャー「なんですか急に!?」

補佐官「た…大変なことになるところでした」

ジンジャー「えっ?何が?」

補佐官「それが…アリを踏み潰すところだったのです」

「小さな生命体がどれほど驚いたことか…一歩間違えれば数多くの命を奪うところでした」

ジンジャー「……」

ジンジャー(…んっ?ふざけてんの?私の緊張をほぐそうという渾身のギャグ?)

(顔は真剣そのものだけど…)

補佐官のことを不審に思いながら様子を見ていると、足下には気をつけるようにとアドバイスされ、どうやら本気であるようです。

こんな変わった人がハメルなわけがないと納得したジンジャーを乗せて馬車は走り出しました。

ついに補佐官の名前が明かされる

それからも目の前に座る、見た目が明らかにハメルな補佐官が気になって仕方がありません。

ジンジャーの視線が気になる補佐官はついに、何か気になることでもあるのかと聞いてくるのです。

ジンジャー「名前は?」

補佐官「私は…「ラキシャン」と申します」

「周りからは「ララ」と呼ばれています」

「トルテ様もどうぞ「ララ」とお呼びください」

ジンジャー(なんだ…ホントに違う人なんだ。私が小説に重ねようとしすぎてただけみたいね…)

 

お互い自己紹介が済んだところで、ララは到着するまで本を読んでも良いかと訊ねます。

ものすごく難しそうな本を読むララを前に、ジンジャーはなんだか眠たくなってきてしまいました。

ちょっとだけ目を閉じていようと、窓にもたれたジンジャーですが、すぐに眠ってしまいました。

ララはメガネの奥の鋭い目を、静かにジンジャーへと向けているのでした。

スポンサードリンク

イザナとジンジャー、二人の時間

ジンジャーは少しだけ目を休ませるつもりが、ガッツリと寝てしまっていたようです。

到着したとの声で目覚めると、宮殿の中ではないのか見慣れない景色なのです。

そこはすごく素敵なお庭で、ジンジャーはテンションが上がっています。

ララは、ここをまっすぐいけばイザナがいると教えてくれました。

最後に、足下に気をつけるようにと念を押してジンジャーを見送るのでした。

ジンジャー(いい大人がアリのことでガクガク震えちゃって、バカというかいい人というか…)

 

ララに言われた通り、庭の中を進んでいったジンジャーは木陰で座り込んでいるイザナを見つけました。

どうやら本を読みながら眠ってしまったようです。

ジンジャー(色白でお人形さんみたいに長いまつげ…こんなに整った顔が存在するなんて…)

(触れたら跡形もなく崩れてしまいそう…)

イザナの前髪に触れようとした時、イザナが目を覚まし目があってしまいます。

急いで離れると、照れ隠しに起こしちゃったと言ってモジモジしているジンジャーに、イザナは考え事をしていただけだと答えます。

イザナ「ジンジャー・トルテ」

「年は17」

「侯爵の一人娘」

「おてんばかつ頑固でなんでも自分の思い通りにしようとし、同い年の侯爵令嬢レラジエ・アトランタとは幼い頃から不仲である」

ジンジャー(…まさか私のことをお調べになったんですか?」

イザナ「うん。何か問題でも?」

ジンジャー(王だったら何してもいいわけ?善良な国民の身辺調査をするなんて!)

ジンジャー「どうしてお調べになったんですか?」

イザナ「気になったから」

「ジンジャー・トルテ、お前のことが気になったんだ」

二人の間には、風の流れる音だけが響いているのでした。

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

悪役が施す美德【第14話】の感想

直感でハメルそのもの!と思った補佐官ですが、残念ながらハメルではなくララという名前でした。

しかし、どこか不思議というか…

ジンジャーの疑いの目を変なことをして隠しているようにも見えました。

これからまるで別人のような本性が出てきたらと思うと、恐ろしいですね。

そしてついにジンジャーはイザナとの再会を果たします。

寝顔に近づくというまたジンジャーらしい行為がありましたが、なんと今回はイザナもグイグイ来ましたね!

最後にはなんとジンジャーが気になったという信じられない発言が!!

この言葉にはどんな意味が込められているのか…

全く読めない展開になってきました。

次回が非常に楽しみです!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第14話】のネタバレをご紹介しました。

悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク