ピッコマ|悪党の母になりました【第48話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪党の母になりました」は、Iro先生、Yulji先生の作品です。

保育士として働きながら孤独な人生を生きてきた「西川奈希」、27歳。

いつも通り小説を読み眠り目を覚ましたときには、小説の中の世界・・・・。

鏡を見ると奈希は、悪党に成長する息子「アインスパナ」に殺される継母となっていたのです。

だけど目の前にいる息子は可愛らしい・・・・、こんな子を虐待するなんてありえない!と考えた奈希は、悪党にならないように愛情を注ぐことを決めます。

この運命を変えることはできるのでしょうか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪党の母になりましたのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪党の母になりました【第48話】のあらすじ・ネタバレ

部屋に入ってきたアインとロゼリアを見て、グレゴリックは顔を真っ青にしています。

ですがアインは微笑みながら、グレゴリックにお久しぶりと挨拶をしました。

 

グレゴリックの母は、わざわざあなたのために時間をさいて来てくれたんだと説明しました。

するとアインも、体調がまだ優れないと聞いたから心配でお見舞いに来たんだと微笑みます。

具合はどうかとアインが聞いても、グレゴリックは視線を逸らしながらかなりよくなったとつぶやくだけ・・・。

もう大丈夫だと聞いたロゼリアは、少し安心したような表情を見せました。

アイン「そうだこれを・・・」

そう言って渡したのは、中に魔法石が入っているあの黒い箱です。

治療の役に立てればとアインが笑顔で言いますが、ベンゼン夫人は戸惑いながら受け取りました。

アインは笑みを浮かべます。

アイン「母上、僕・・・グレゴリックと二人っきりでお話がしたいです」

そう言われたグレゴリックは驚いていますが、もしかして嫌なのかとアインに睨まれてしまい、用件を飲むしかありません。

ロゼリアは何も気づいていないようで、ベンゼン夫人とお茶をしているからゆっくり話してきなさいとアインに言いました。

すこし不安そうにしていますが、アインを信じているのです。
 

二人での話

二人だけになったアインとグレゴリック。

するとアインは、「平気そうだな」と話しました。

グレゴリック「当たり前だろ?どこか壊れてほしかったのか?それよりここには何をしにきた!何を企んでる!?」

そう言われたアインは、本当に君が心配で来たのにどうしてそんなことを言うのだと話しかけます。

もしかして、怪我をしたのは頭の方なのかとも言いました。

アイン「やっぱり・・・頭から落とせばよかったのかな」

冷たい目でそう言うと、グレゴリックは恐怖を感じます。

アイン「バカだな。母上と一緒なのに騒ぎを起こすわけないだろ?ただ君がどんな状態なのか気になって見に来ただけさ」

グレゴリック「感じの悪い奴め・・・」

そう呟くと、アインはこれからは僕の一言で君の生死が左右されることを覚えているようにと言いました。

アイン「今回は運よく軽傷ですんだけど、もし今度も僕の母上について勝手なことを言ったら、これくらいじゃ済まないから」

グレゴリックはそんな状況でも、本当の母親でもないくせにとアインに言い放ちました。

さすがに苛立ったアインは、発言には気をつけろとさっき忠告したはずだと呟き、グレゴリックの顔ギリギリを殴って壁に穴を空けました。

アイン「・・・僕の母上だ。誰よりも僕のことを心配してくれてる。母上に子供ができれば僕にとっては兄弟・・・それだけのことさ」

勝手なことを言うなと、アインははっきりと忠告したのです。
 

アインからの耳打ち

アインはいつもの笑顔で、ロゼリアの元に戻ってきました。

休みたいと言われたので戻ってきたと話すと、ロゼリアはそろそろ帰ろうとアインに言います。

アイン「あっその前に」

侯爵夫人に話したいことがあると笑顔を見せ、耳元に顔を近づけます。

アイン「息子の頭をかち割られたくなければ、これからはよく考えてから慎重に話すようにした方がいいですよ」

耳打ちされたベンゼン夫人は、一気に顔色が変わりました。

そして、失礼すると挨拶をしてアインはロゼリアの元に行くのです。

ロゼリア「どんな話をしたんですか?」

アイン「グレゴリックに伝えて欲しいことがあって・・・!」

楽しそうに話す二人を、ベンゼン夫人は固まったまま見つめています。

 

ベンゼン夫人(い・・・今のは・・・?)

そしてメイドに、先ほどチェイド家からもらった箱を持ってくるようお願いしました。

箱を開けてみると、そこには赤い魔法石が入っていたのです。

こんなに貴重なものをくれるなんておかしい・・・・。

それにグレゴリックの怪我はこれを使う程ひどくはないと夫人も感じています。

いったいどうしてなんだろう・・・、いろいろと考えいていると、魔法石の下に何かが挟まっているのに気づきました。

ベンゼン夫人「これは・・・」

その紙を確認して、驚きのあまり箱を落としてしまいます。

そのまま慌ててグレゴリックの元へと走るのです。

 

グレゴリックの部屋に走って向かったベンゼン夫人。

ベンゼン夫人「大丈夫?アインに何かされたわけじゃないわよね!?」

二人とも帰ったから隠さなくていい、正直に話すようにと言いました。

ベンゼン夫人「あの日・・・いったい何があったの・・・?」
 

\ 全話更新中! /

悪党の母になりましたのネタバレ一覧

悪党の母になりました【第48話】の感想

アイン・・・。

めっちゃこわい奴みたいになっていますね。

こんな状況で何も気づいていないロゼリアがすごい・・・(笑)

アインは本当にバレないよう行動していますし、ロゼリアも信じているので、まさかこんなことになっているとは思ってはいないでしょう。

このあとベンゼン夫人は何を感じ取ったのでしょうか?

そしてあの紙に書かれていたのは何だったのか・・・。

気になることが多すぎます!!
 

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪党の母になりました【第48話】のネタバレをご紹介しました。

悪党の母になりましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク