ピッコマ|悪党の母になりました【第40話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪党の母になりました」は、Iro先生、Yulji先生の作品です。

保育士として働きながら孤独な人生を生きてきた「西川奈希」、27歳。

いつも通り小説を読み眠り目を覚ましたときには、小説の中の世界・・・・。

鏡を見ると奈希は、悪党に成長する息子「アインスパナ」に殺される継母となっていたのです。

だけど目の前にいる息子は可愛らしい・・・・、こんな子を虐待するなんてありえない!と考えた奈希は、悪党にならないように愛情を注ぐことを決めます。

この運命を変えることはできるのでしょうか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪党の母になりましたのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪党の母になりました【第40話】のあらすじ・ネタバレ

「大変です!庭園で事故がおきました・・・!」

その報告に、母親たちが驚きます。

 

庭園に行くと、グレッグがケガをして倒れていました。

グレッグの母は何があったのかと驚き、彼を抱きかかえます。

「い・・・いったい誰がこんなことを・・・!こんな大怪我をしているのに、医者は何をやっているのよ!」

使用人は急いで診療室へと運びます。

 

グレッグが横になっている間、子供たちにどうしてけがをしたのか教えて欲しいと、一人の母親が言いました。

「それが・・・気に登ったとき足を踏み外して落ちたんです」

「なんですって?危ないじゃない、みんなは止めないで何をしていたの?」

それは本当なのか?何か隠していることはないのか?子供たちに聞きますが、みんな目を逸らしておどおどしています。

でもグレッグが大事に至らなくてよかった・・・、そんなことを話していると、グレッグの母が声を荒げました。

「みなさんはこれが本当に事故だとお思いですか!?きっとこの前のことを根にもって・・・!」

そう言いながらロゼリアの方を睨みつけたのです。

ですがすぐに顔が青ざめます。

とても冷たい目で、ロゼリアは睨んでいたのです。

ロゼリア「ベンゼン夫人、息子がケガをして興奮しているその気持ちはお察ししますが・・・、それ以上の発言は許しません」

そういう意味で言ったのではないとグレッグの母は撤回します。

ロゼリア「アインを侮辱するなら、私も黙ってはいませんから!」

申し訳ありませんと、謝るしかできません。

他の母親たちは、グレッグの母に今日はこれで帰った方がいいと促しました。

とりあえず治療は終わりましたが、まだ療養が必要なのです。

 

ロゼリア(この場にアインがいなくてよかったわ。もしここにいたら、イヤな思いをさせるところだった)

さっきは平然としていたが、きっと傷つくはずだとロゼリアは感じているのです。

 

アインを信じている

帰りの馬車でも、さっきの事故はアインには関係ないと言い聞かせているロゼリア。

この前のことの仕返しなんてあり得ない、だけど他の子たちの何かを隠している顔が、頭から離れません。

アインはそのことは全く根に持っていないと言っていました。

ですが釈然としない理由はきっと・・・。

ロゼリア(本来のアインは、最終の黒幕。この小説の中で一番の悪党だったから)

その小さな可能性がロゼリアを不安にさせます。

ですが、余計なことを考えるのは止めようう、アインのことを信じていると思うのです。

 

馬車が到着しましたが、アインの元気がありません。

ロゼリア「顔色があまりよくないえすね。大丈夫ですか?」

アイン「少し疲れただけです・・・」

やっぱりさっきのことを心配しているのだろうか・・・?早く休ませてあげないとと感じたロゼリアは、先に部屋に戻るように言いました。

馬車から降りて見送りながらも、あんなに落ち込んじゃって大丈夫かな?と不安になるのです。

ロゼリア(明日になれば元気になるよね・・・?)

 

スポンサードリンク

一気に不安になるアイン

ですが数日たっても、アインの顔は険しいままでした。

あの日以来ぎこちない空気が漂います。

やっぱり何かあったんじゃないかと、ロゼリアはどんどん不安になります。

「あの日何かあったんですか?」

「いいえ」

アインに聞いたこともありましたが、彼は何も教えてくれません。

さらにいつもの無邪気な笑顔はもうみせてくれないのです。

 

アインは1人部屋で考えていました。

「本当の子供ができれば、お前なんかすぐ捨てられるに決まってる」

グレッグに言われた言葉を思い出しました。

いつもロゼリアは自分だけを見てくれていたので、今までそんなのは考えたことはなかったのです。

兄弟ができれば、今の生活を失ってしまうかもしれない・・・。

アイン(まさか母上が・・・そんなのあり得ない)

簡単に僕を捨てるはずはないんだと、もう忘れようと動き出します。

自分のやることに集中し、忙しく過ごせばあんなことはすぐに忘れるはずだと。

部屋の外に出ると、使用人たちの会話が聞こえてきました。

「最近の屋敷は明るい雰囲気でとてもいいですね」

「ええ、旦那様と奥様は一段と仲良くなって、最近は毎晩一緒にいらっしゃるいたいですよ~」

このままだとお仕えする方が増えそうだ、その言葉を聞いてアインは足を止めます。

アイン(使用人たちが感づいてるくらいなら、これから僕はどうなるんだ?)

\ 全話更新中! /

悪党の母になりましたのネタバレ一覧

悪党の母になりました【第40話】の感想

グレッグのケガは、木から落ちたものだと皆で言いました。

ですがあの怪しい感じ、何かを隠しています。

きっと兄弟のことを言われたことで、アインは怒ったでしょうから・・・それが関係してそうですね!

ちゃんとみんなに口止めをして・・・。

さらにロゼリアに対しても、なんだか距離を感じる対応になってきました。

それもグレッグのあの言葉から・・・。

気になるのは仕方がないですよね。

自分はロゼリアと血が繋がっておらず、さらにカシウス公爵からも冷たくされているので。

そんな心配はしなくてもいいんだよ!とアインに言いたいくらいです!!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪党の母になりました【第40話】のネタバレをご紹介しました。

悪党の母になりましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク