ピッコマ|悪女は変化する【第62話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第62話】のあらすじ・ネタバレ

エルザの母であるクロッカス夫人は、一人仕事をこなしていました。

実時に昼食はどうするかと聞かれましたが、簡単につまめるものをお願いしました。

やらなきゃいけない仕事が多すぎる・・・。

夫は商談がありしばらくの間は家を留守にしていますし、リリエルは婚約の準備のため、何日か王宮に泊まるといい出かけてしまいました。

ヨハネスは新学期が始まるからとアカデミーに行ってしまい、家には一人なのです。

ですが・・・、エルザがもうすぐ到着するからよかった・・・と少し安心しているのです。

これらの仕事には慣れているから、頼めば手伝ってくれるだろう・・・。

そう考えているのです。

クロッカス公爵夫人のお出迎え

馬車の中で、騎士たちは騒いでいます。

ジョーゼフはあまりの暑さに驚いている様子で、エリーナは熱くないのか?と聞いています。

もちろんもう、ジョーゼフは上着を脱いでしまっています。

エリーナ(ここが・・・エルザ様を悪女呼ばわりしたところなのね)

 

馬車の中でレンは、ロベリア王宮で迎えてくれると言っているのに、わざわざ実家に行く必要があるのかとエルザに聞きました。

エルザ「ロベリアに行くと公爵家に伝えたときから予想していましたわ。・・・おそらく、周りからの視線を気にしているのでしょう」

ちゃんと実家があるのに、王宮に泊まらせるわけにはいかないのでしょう。

レン「僕は、エルザが不快な思いをするのは嫌なんです。今からでも王宮に・・・」

エルザ「大丈夫ですわ。目立たないようにアルンデルのことを調べるなら、王宮よりも公爵家の方が何かと都合がいいでしょう。それに私が生れ育ったところを、レンにも見て欲しいんです」

 

馬車が到着すると、レンはエルザをエスコートしました。

クロッカス公爵夫人「久しぶりね、エルザ。遠いところを疲れたでしょう」

ご無沙汰していますとエルザは頭を下げました。

レン「クロッカス公爵夫人、初めてお目にかかります。ルカルエン・ウィンターナイトです」

互いに挨拶を交わしますが、夫人の表情はなんだか暗めです。

クロッカス公爵夫人(噂とはずいぶん雰囲気が違うわね。見た目もかなり立派だし)

すると騎士たちが降りてきました。

ジョーゼフに制服をちゃんと着るように言っていますが、彼はこんなに暑いのに制服を着ていられないと拒否しています。

騎士団長「うむ・・・まあ確かに熱いが・・・」

みんな汗まみれです。

そんな騎士たちをみたクロッカス公爵夫人は、やっぱり品位のかけらもない・・・、北方の人たちはみんなこんなに野蛮なのだろうかと表情が固まっています。

レン「ジョーゼフ、場をわきまえて身なりはきちんとするように」

ジョーゼフ「はいっ!申し訳ございません、大公殿下!」

レン「お見苦しくて失礼いたしました。何分自由奔放な者たちですので・・・」

クロッカス公爵夫人「まぁ・・・」

夫人はひきつった表情のまま、準備をしておいたと言い、執事が案内するからゆっくりお休みくださいと言いました。

そして執事が案内を始めます。

 

エルザ「ごめんなさいね、レン」

するとレンは優しくエルザの手を握ります。

レン「どうして謝るんですか?僕はなんとも思ってませんよ」

エルザは嬉しそうですが、少し申し訳なさそうにしているようにも見えます。

 

スポンサードリンク

部屋にやってきた夫人の頼みとは

一人部屋でゆっくりしているエルザ。

エルザ(ここは・・・私がいたときと全く変わってないのね)

するとエリーナが、大公殿下がエルザをよろしく頼むと何度も言っていたことを教えてくれました。

お茶の準備ができ、ゆっくり座るエルザ。

エルザ(到着するなり休む暇もなくすぐ出かけるなんて・・・、それほどジンジャーの件を急いでいるのね)

レンは心配し過ぎだ、ここが私の実家であることを忘れているのかしらと、エリーナにつぶやいたエルザ。

エリーナ「でもロベリアで、ホワイト騎士団の騎士が行方不明になるなんて前代未聞のことですから・・・。なおさら奥様の身の安全をご心配なさっているんだと思います」

すると部屋のドアのノックがなりました。

クロッカス公爵夫人「エルザ・・・ちょっといいかしら・・・?」

エルザ「お母様、どうなさったんですか?」

一人じゃなかったのね・・と言いながら部屋に入ってくる夫人、

するとエリーナが、お二人でごゆっくりどうぞと、気を遣ってくれました。

 

二人でお茶を飲みながら会話をします。

クロッカス公爵夫人「エルザ、会いたかったわ」

エルザ「私もですわ、お母様」

少し気まずそうな表情で、夫人は話を続けます。

クロッカス公爵夫人「とても元気そうでよかったわ。このところお父様もリリエルとヨハネスも皆忙しくて・・・とても寂しかったのよ・・・」

エルザ「・・・そうだったんですか」

クロッカス公爵夫人「え?」

エルザの反応に戸惑っています。

エルザ「突然私の部屋にいらっしゃるなんて、どうかなさったんですか?」

クロッカス公爵夫人「あ・・・そうね。ホホ・・・。あなたがいない一年の間に仕事がすっかり溜まってしまってね」

「あなたはどうせリリエルの婚約式まで暇なんだから、こっちの仕事を少し手伝ってほしいの。あなたが来るのをずっと待ってたのよ」

エルザ「・・・」

夫人は、エルザに助けを求めます。

私はあなたみたいに細かいことまでできそうにない、仕事の量そのものも多すぎるし・・・。

リリエルもそういうのはまるでダメで、今でも全く役に立たないとまるで愚痴です。

エルザ「私に仰ることは・・・それだけですか?」

クロッカス公爵夫人「エ・・・エルザ?」

エルザ「私は客ですよ。アマリリスの大公妃なんです。クロッカス家内部の仕事を手伝うわけにはいきません」

私はただ大変だから・・・!と必死になる夫人。

ですがエルザは、何も変わってなかったことに怒りがこみあげてきています。

いつだってエルザに罪悪感を植え付けて自分たちの都合の良いように振り回してきた・・・。

エルザ「お母様は全く変わってないんですね。私がこの家のために犠牲になるのは、当たり前だと思ってるんでしょう」

「そんなことを頼んでくるなら・・・。せめてその前に、この一年間私がどんなふうに過ごしてきたか聞いたり、初めて会う私の夫に温かい言葉のひとつでもかけるべきではないんですか?」

出迎えてくれた時の夫人の行動を思い出します。

クロッカス公爵夫人「そ・・それは・・・」

オロオロとしている夫人を目の前に、エルザは席を立ちました。

エルザ「クロッカス公爵家のもてなしはこれで十分ですわ」

すこし休みたいので出て行ってくれないかと、夫人に言いました。

ジンジャーの死因

今朝ここでジンジャーの遺体が発見されたと、報告を受ける蓮。

死因を聞くと、強い魔力が心臓を貫通していたそうで、冬の魔法を使う暇さえもなかったようです。

「それからこの手紙は・・・ジンジャーの傍で見つかったものです」

その手紙を確認し、手でぐしゃっと握りつぶします。

騎士団長「大公殿下?」

レン「アルンデルの主人がロベリアのアカデミーに潜んでいたのか!」

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第62話】の感想

エルザの母であるクロッカス公爵夫人は、明らかに差別的な目でレンたちの事を見ていました。

きっと娘だからこそ、エルザはその行動に気づいたのでしょうね。

嫌な感じ・・・。

レンが優しくてよかったです!普通ならあんな態度は、怒ってもおかしくないです。

エルザはついに母にしっかりと伝えることができました。

変わらない母、そして変わったエルザ。

エルザにとってもいい機会となりましたね。

 

レンはジンジャーの死因について知ることができ、さらにはアルンデルの主人がアカデミーに潜んでいたことを突き止めました。

これから、はやく解決できるのでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第62話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク