ピッコマ|悪女は変化する【第7話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第7話】のあらすじ・ネタバレ

邪魔をされて怒った商人は、よくもオレの商売を邪魔してくれたな!と助けにきてくれた女性に怒鳴ります。

ですがその女性は冷静に、けがをしなくなかったら今すぐ消えた方がいいと諭すのです。

すると飛ばされた男の一人が起き上がり、その女性の方を見て驚きました。

妖精の様な姿に、あの怪力、間違いない!あの女は・・・!

男たちはその女性を見ながら、まったくついてない日だと漏らします。

商人は男たちに今すぐあの女をなんとかしろ!と怒鳴りながら指示を出しますが、それはできないとあっさり諦められてしまうのです。

「はした金なんかに命かけたくはないね。お宅の全財産をもらったとしてもあの方を相手にするのはお断りだ」

そしてここで退散すると言い残し、商人にも命が惜しかったらこの場からいなくなった方がいいとだけ言い残して行きます。

どうしようもなくなった商人はその女性をちらっと見て、その目付きを確認します。

「クッ・・・!覚えてろ!」

そして馬車を走らせてその場から退散してしまうのです。

ブルーベル卿

執事のルアンは彼女の事を「ブルーベル卿」と呼びました。

ルアンの知り合いであるとわかったエルザは、「卿」ということは騎士なのかもと推測します。

あのお方は噂の方か?と聞かれたルアンは、間もなく大公妃殿下になるお方だと紹介し、エルザにも女性を紹介しようとしたのですが・・・。

ブルーベル卿「結構です。どうせ結婚式の後で正式に紹介されるんだから、そのときにご挨拶した方がいいでしょう」

戸惑うルアンですがブルーベル卿は彼をそのままにし、エルザに近づきます。

そして大事に育てられたご令嬢にしてはずいぶん無謀だと言い、もう少し気を付けた方がいいと忠告してきたのです。

あっけにとられるエルザと、失礼だと焦りだすルアン。

ですがブルーベル卿は笑顔でそのまま行ってしまいました。

 

屋敷に戻り、ルアンはブルーベル卿のことをウィンターナイト家を守るホワイト騎士団の「エリーナ・ブルーベル」という騎士であることを伝えました。

結婚式の後に正式に紹介されるというのはそう言ういみなのだと納得するエルザ。

そしてブルーベル卿は騎士団の中でも指折りの実力者ですが、性格が少々偏屈で貴族の事を嫌っていると教えてくれました。

ですが彼女はウィンターナイト家の騎士なのでは?と確認するエルザ。

ルアン「実は・・・ブルーベル卿だけが一族の騎士の中で大公殿下に忠誠の誓いを捧げていません」

ホワイト騎士団に入団したのは、冬の遠征に参加して領地の者たちを守るためなのだそうです。

何か言えない事情でもあるのだろうか・・?考え込むエルザ。

ルアンはあのように無礼な振る舞いをしたことについてはお詫びを申し上げると頭を下げ、許しを請いました。

エルザもその必要はないと言い、間違ったことをしたわけではないとその件については終えました。

そして明日のスケジュールを確認し始めます。

 

明日からは結婚の儀式の期間に着ることになるドレスを選ぶのだそうで、今頃は出来上がったドレスがすべて屋敷の方に運ばれていると説明します。

エルザは新しく仕立てるのではなくて、すでに出来上がったものから選ぶことなのかと確認しました。

ルアンは伝統に従って儀式の日にちが決まった日から仕立て始めたことを話し、皇室から直接選ばれた帝国選りすぐりのデザイナーたちが少なくとも200着以上のドレスを仕立てているというのです。

なんだか恐縮してしまうエルザは、明日が待ち遠しいと言いました。

ルアンは大変な作業になるかも・・・と前置きしながらも、最も美しい花嫁になるであろうと褒めの言葉を続けたのです。

スポンサードリンク

ドレスが運ばれる

翌朝、あるデザイナーは忘れ物はないかと「アンナ」に確認しています。

一生懸命準備した今までの努力が報われるのか・・・と不安な言葉を口に出すアンナ。

もう1人のデザイナーは昨日までは自分が作った服が一番良いと言っていたのに突然どうしたのか?と心配します。

アンナはどんなにいいドレスであっても目利きじゃないと価値がわからないと言い、今度新婦になる方はものすごく贅沢好きで悪女だという噂を口に出しました。

その悪女は珍しい鉱石を使って染めた最高級のドレスに、大きく華やかな宝石が使われたアクセサリーを好むのだと聞いているそうです。

そんな人はどんなドレスが好きかもうわかり切っていると断言するアンナ。

悪口のように続けるのですが・・・一緒にいるもう1人のデザイナーがそれを止めます。

とっさに謝るアンナ。

 

デザイナーはその人がどんな人だろうと関係なく、まずは派手に見えるものを目立つところに置くように配置を考えています。

自分のドレスをもっと広く人々に知ってもらえる機会、絶対に選ばれなければ!と気合が入るのです。

すると部屋のドアが開き、エルザが入ってきました。

エルザ「もう来てたんですね」

エルザは自己紹介し、召しているドレスは薄めのピンクの落ち着いた装飾でした。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第7話】の感想

そんなに悪女だと広まっているのですね。

たしかに悪女だと聞くと、なんだか派手で目立ちたがり屋なイメージが拭えません。

ですが彼女をみたデザイナーたちはどう思うのでしょうか?

 

気になるのはブルーベル卿です。

エルザをはじめから気に入ってはいない様ですが、何か理由があるのか?

エルザとうまくやっていくことができるのでしょうか!?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第7話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク