ピッコマ|悪女は変化する【第34話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第34話】のあらすじ・ネタバレ

皆が帰った後、エルザはレンに友達におもてなしをしてくれてありがとうと、感謝の気持ちを伝えました。

冬祭りの日にあの騒ぎさえなかったらもっと楽しく過ごせたのに・・・とレンは少し申し訳なさそうにしています。

ですが、レンが悪いわけではないと伝えるエルザ。

レン「だんだん寒くなってきましたね。もうすぐ冬の音が聞こえてくるでしょう」

冬の音?とエルザは不思議そうにします。

冬の力が大きくなり、封印を揺らす音だと話すレン。

冬の魔法を持つ者だけに聞こえ、冬の遠征に出なければならないことを知らせてくれるのだそうです。

今までその知らせを待っていたのだ・・・、冬の音を聞くとはどんな感じなんだろう?とエルザは不思議そうにしています。

エルザ「レン、冬を切り取るって危険なことはないのですか?あと・・・もしも失敗したらどうなるんですか?」

絶対に安全とは言い切れないが、これまでは幸い無事にやってきたと話すレン。

失敗した場合は封印が割れて、世界が吹雪で覆われることになるのです。

少し不安そうな表情をするエルザですが、レンの手を優しく握り、今回もきっとうまくいきますと一緒に行けることを嬉しく思うのです。

 

ふと窓の外に、空から雪の塊が落ちてくるのが見えました。

エルザがここにきてから、牡丹雪が降るのは初めて。

朝食後は庭園を散歩しようとレンが提案し、エルザは楽しみだと笑顔を見せました。

雪の中の散歩

しっかりとコートを着込み、ひゅうっとエルザの首元を寒くならないように詰めるレン。

エルザは大丈夫だと言いますが、雪に触れると寒くなるからと離してくれません。

レン「さあ、これでよし・・・と」

そう言うと、エルザに口づけをするレン。

嬉しくなったエルザは、今度は自分からレンに口づけをしました。

レンはエルザの髪に白い雪がとても似合うと笑顔です。

その言葉にエルザは頬を少し赤らめました。

 

散歩をしながら雪を触るエルザ。

ロベリアでは雪が降らないので、雪がこんなに美しいものなんて知らなかったと楽しそうにしています。

レン「エルザもやってみますか?牡丹雪はこんなふうにうまく固まるんです」

レンが両手で丸めた雪を見て、エルザは不思議そうにしています。

そして二人は雪を丸め、可愛い雪だるまを二つ作り、互いに上手だと褒め合います。

 

エルザは北方の童話を読んでは想像ばかりしていて、雪はどんな感触なのか雪だるまはどうやってつくるのか気になっていたと話します。

エルザ「それから・・・」

雪を小さく丸め、それをレンに当てました。

エルザ「こうやって雪合戦っていうのもやってみたかったんです!」

教えてあげなくても大丈夫そうだと笑っていると・・・レンの後ろから雪玉が飛んできました。

エルザは魔法でその雪玉を崩すと、その奥に投げたポーズをしているホワイト騎士団のジョーゼフがいます。

ジョーゼフ「ああ奥様!俺の味方じゃなかったんですか?大公殿下を攻撃する絶好のチャンスだったのに」

と笑いながら話すと、レンは本気の表情で本当にそう思っているのか?と言います。

その表情に焦りだすジョーゼフですが、エリーナがその場にかけつけ、エルザに雪の粉がかかるじゃないかと強く叱責しました。

慌ててエルザのもとに駆け寄り、けがはないかと心配するエリーナ。

エルザが大丈夫だと笑っていると、他の騎士たちもジョーゼフにこのバカ!と突っ込みます。

レン「分かりました」

そう言ってエルザの方を寄せるレン。

レン「挑戦したことへの報復を受ける心の準備はできていますよね?」

と言いながら、大きな雪玉を手にしています。

騎士たちは一気に表情が青ざめ、レンの雪玉にやられてしまうのです。

そしてエリーナもエルザたちの味方で、騎士たちは何をするんだと裏切ったなといったように文句を言います。

エリーナは雪の中に石も混ぜて、仲間の騎士たちに攻撃するのです。

ジョーゼフ「ええいっ!人数はこっちのが多いんだぞ!」

協力し沢山の雪玉をレンやエルザの方に投げるのですが、エルザの魔法で簡単に跳ね返されてしまいました。

「奥様、そりゃないですよ!!」

「うわっ!ちょっとは手加減してくださいよ!」

散々にやられる騎士たち。

ですがエルザもレンも笑顔で、雪合戦を楽しんでいます。

スポンサードリンク

冬の音

一段落してベンチに座り、雪合戦がこんなに楽しいなんてとエルザは笑っています。

レンもこんなに楽しいとは知らなかったと、微笑むのです。

レン「エルザの笑顔は僕を嬉しい気持ちにさせてくれます。今だって感じたことがないくらい、浮かれた気分ですよ」

エルザ「私にその楽しみをくれたのはレンですわ」

そして二人は見つめ合い、一緒にいれる全ての瞬間に感謝すると気持ちを伝え・・・キスをするのです。

幸せそうな二人の空間。

すると急に、「パリ―ン」という音が聞こえてきました。

 

まだ雪合戦をしていたエリーナ達もこの音に気づき、当たりを見回します。

ジョーゼフ「そうだ、冬の音だ」

時が来た・・・。

エルザ「い・・・今のは?」

聞こえましたか?聞かれ、頷きます。

レン「出発する時はきたようです」

エルザは手を胸元で握りしめ、強く覚悟を決めるのです。

 

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第34話】の感想

楽しそうな雪合戦!

さすが雪が多い国なので、沢山の綺麗な雪・・・。

それは楽しいでしょう!

こうしたほっこりなシーンも、時には必要ですよね!

 

そしてついに訪れた冬の音。

これから遠征に行かなければならないのですが、どんなことが起きるのか・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第34話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク