ピッコマ|悪女は変化する【第23話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第23話】のあらすじ・ネタバレ

エリーナはエルザに、お体の方は大丈夫でしょうか?と聞き、かなり心配している様子です。

心配しなくても大丈夫だとエルザは言いますが、エリーナは謝り深く頭を下げました。

どういうことなのか?と不思議そうにするエルザ。

そしてエリーナはレンの方へ向き、申し上げたいことがございますと言うのです。

エリーナ「私にも冬の魔法をお授けください」

急なことでしたがレンは冷静に、それはどういう意味か解っているのか?と返しました。

大公殿下に生涯の誓いを捧げますと言うエリーナに、レンはあなたの主人はエルザだと答えます。

エリーナ「これからもできる限りお側で、妃殿下をお守りいたします。そのために私には冬の魔法がどうしても必要なのです」

レン「それは騎士の道に外れているのではありませんか?自ら名誉に背くことになるのでは?」

ですがエリーナは、主人を守ることができない無力感に比べれば、名誉など塵のようなものだと強気です。

強くなりたい、主人をお守りするためならどんなことでもするとエリーナの決心はとても固いものになっていました。

考えているレンですが、ここでエルザがずいぶん無理を言うのねとベッドかた立ち上がります。

 

エリーナは、一人の考えで勝手に決めてしまい申し訳ないと謝りながらも、決めた意思を曲げたくないと言います。

この行いを受け入れられないのなら、見えないところからお守りするので止めないでほしい、と言うまでエリーナはとても強く意思を固めていることがわかります。

エルザ「リナ、どうして私に冬の魔法を授けてくれと言わないの?」

エリーナ「奥様は・・・騎士をお嫌いだからです」

エルザの気持ちを優先して動いていたエリーナ。

彼女にとってもっとも重要なのはエルザであり、そしてエルザの意見は自分の意思でもあると気持ちを伝えました。

エルザ「大公殿下、もし失礼に当たらなければ、エリーナ・ブルーベル卿を渡しの騎士として任命してもいいでしょうか?」

もちろんだと言うレン。

驚くエリーナは、「奥様!ということは・・・!」と駆け寄ります。

エルザ「リナ、あなたはもう私の騎士よ。だから私の冬の魔法を授けさせてくれないかしら?」

そして剣を差し出すようにエリーナに言い、彼女の肩にその剣を当てます。

エルザ「エリーナ・ブルーベル卿、この場をもって卿は我が騎士となる。卿は我に己の運命を懸けることを誓うか?」

エリーナ「わが命はあなた様の命をお守りいたします。我が持つすべてのものは、あなた様のものであり、我が剣はあなた様のためだけに存在するのであります」

跪いてそう言葉を述べたエリーナに対し、エルザは「許可しよう」と言いながら冬の魔法を授けました。

青い光に包まれる二人の姿を、レンは微笑みながら見ているのです。

エリーナの自慢

エリーナが冬の魔法を授かったという話は、ホワイト騎士団の中でも話題になっていました。

エリーナが冬の魔法を授かるなんて意外だ!これでもう大公殿下の他にエリーナの相手になるものはいない!

団長はエリーナに時期団長の座を譲るつもりらしい!などなど・・・。

話題の中心にいるエリーナですが、彼女は団長になんて興味がなく大公妃殿下に忠誠を誓うだけだと言うのです。

そして続けて騎士たちに、侍女の仕事は辞めるのか?妃殿下の側で仕えることが幸せだって言ってたのでは?など質問をされます。

エリーナは首を振り、侍女の仕事は続けると言うのです。

エリーナ「でもまあ、変わったこともあるけど」

話を聞いていた騎士たちは、つばを飲みながら「何だよ」と期待した目で彼女を見ています。

エリーナ「奥様に、エルザ様と呼ぶように言われたの」

その表情は何とも嬉しそうで、周りの騎士たちも羨ましい!と羨望の眼差しでエリーナをみています。

その様子を見ていたのは、アレックです。

どうして冬の魔法は賢い奴らをアホみたいにしてしまうのか?と呆れてみています。

ここは騎士団なのか、大公妃殿下のファンクラブなのかわからないと微笑みながらもため息をつくのです。

 

スポンサードリンク

手紙を受け取ったルイーザ

ヴァイオレット公爵家。

ルイーザはエルザに手紙を書いています。

内容は、今日は初雪が降ったこと、レイラとセシルも手紙を貰って喜んでいることなどたわいもないことです。

メイドがルイーザに、大公妃殿下に送る手紙を書いているのか?と話しかけてきました。

そしてルイーザは、ウィンターナイトのお屋敷に招待されたこと、レイラとセシルも一緒に行くつもりだと話します。

冬は準備で忙しいはずなのに意外だと話すメイド。

ルイーザは、それほどエルザも私達に会いたいということなんだと笑顔を見せました。

「お前を相手にしてくれるとは、大公妃も相当親切な人なんだな」

と声をかけてくる男性がいます。

さらに、大公妃殿下に送った手紙だけでも数十通になることや、プレゼントしたティーカップは何日もかけて選んだんだなどのなんだか偉そうです。

ルイーザ「さっきからごちゃごちゃ言ってるけど、本くらい自分の部屋で読んだら?」

人のことをイライラさせないでとつっかかるルイーザ。

ですがその男性は、たった一人のお兄様に対してその態度はないのではないか?と言いながら本を閉じました。

「違うか?ルイーザ」

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第23話】の感想

エリーナもですし、皆エルザの虜ですね(笑)

さらには貴族女性たちまで、エルザが大好きです(笑)

これで悪女だなんて言われていたことは忘れられるでしょう。

ルイーザはとてもエルザを大切に思っているようですが、この兄が二人の仲を引っかき回しそうですよね・・・。

なにも邪魔しなければいいのですが・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第23話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク