ピッコマ|悪女は変化する【第22話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第22話】のあらすじ・ネタバレ

目が覚めたエルザに、冬の魔法を授けたことを伝えるレン。

エルザは、その冬の魔法で体を直してくれたことに気づきます。

レンはウィンターナイトの主は結婚した相手に冬の魔法を授けることができることを話し、エルザが冬の魔法を使えることによってアルンデルとの戦いに巻き込まれるようになってしまったことを説明するのです。

さらには冬の遠征にも同行しなければならないと、辛い気持ちを抑えながら伝えるレン。

自分勝手な考えでエルザに取り返しのつかないことをしてしまったと謝るのです。

するとエルザは、そっとレンの手に自分の手を重ねて目を合わせます。

エルザの気持ち

アルンデルの魔法にかけられたとき、もう二度とレンに会えないかもしれないと感じたエルザ。

本当に心臓まで凍り付いたような気がして苦しかったのです。

レンは自分を助けるために冬の魔法を授けてくれたのでしょう?と聞きます。

彼は自分がもう少し早く気づいてあげることができたのなら、こんな目に遭わなかったんだと自分の責任でもあると言った様子です。

エルザ「私の事を本当にあなたの妻だと思ってくださるなら、ご自分を責めたりしないでください」

ベスはエルザの事を、「まだ冬の魔法を授かっていない大公妃」と言っていました。

ということは、代々大公妃たちは冬の魔法を授かっていたということなのですが、レンはエルザが危険なことに巻き込まれないように秘密にしていたのです。

そのことをエルザがレンに確認しますが、彼はそうだとしても・・・と自分の決断に責任を感じているのです。

エルザは、ウィンターナイトの大公妃として全ての義務と権利を受け入れるつもりであり、それが自分の誇りでもあると本当の気持ちをもう一度伝えました。

もし今回のことがなく、ずっと後になって冬の魔法を授かることについて知ることになったとしたならば、エルザは自分のことを責めてしまうというのです。

エルザ「だから・・・謝ることはないはずです。私はレンにお礼を言いたいくらいですわ」

助けに来てくれて、大切に思ってくれてありがとうと心からの感謝の気持ちを伝えます。

エルザ「これからもどうか・・・うれしいことも辛いことも私に分けてください。私を信じてください」

その言葉にレンは、目を覚ましてくれてありがとうとお礼を言いました。

エルザの頬に手を当て、見つめながら「あなただから・・・」と何かを言いかけましたが、部屋のドアをノックする音で止めてしまいました。

急な訪問でびっくりする二人。

 

部屋に入ってきたのはホワイト騎士団のアレック。

どうぞ・・・と部屋の中に通します。

レンはどうしたのか?と内容を確認します。

するとエルザと同じ魔法にかかっていたジャックが目をさまし、侍女長候補のジュリーはもう働けるとのことで

階の会議室に案内してもいいのか?という確認でした。

レンを目を合わせ、頷くエルザ。

レン「こちらに呼んでください。話はエルザと一緒に聞きますから」

 

スポンサードリンク

侍女長候補の二人

二人の侍女長候補は、エルザとレンに頭を下げて挨拶をしました。

部屋の奥では、エリーナとアレックが待機しています。

 

アイラはエルザの身体を気遣う言葉から話すと、逆にけがはなかったのか?と心配してくれているのです。

妃殿下が守ってくださったおかげだと笑顔を見せるアイラ。

エルザ「私の方こそお礼を言うわ。あなたが夜光石で足取りを残してくれたおかげで大公殿下がすぎに見つけてくれたのよ」

アイラは首を振り、先代の侍女長に教わった通りにしただけだというのです。

そして紹介してくれたのは、行方不明になっていたもう一人の侍女長候補でした。

ジュリー「ジュ・・ジュリーと申します!けがをしてしまい、ちゃんとしたご挨拶もできずお許しください」

お下げ髪のジュリーは足を怪我しており、松葉杖をついています。

こんなことに巻き込んでしまってごめんなさいと謝るエルザに、妃殿下にお仕えすることは幼いころからの夢だったと話すジュリー。

エルザはジュリーに、港で何があったのか話してほしいと言いました。

 

侍女長候補の面接の一週間前。

ベス・アルンデルから手紙を受け取ったジュリー。

その内容は、緊張しすぎて道に迷ったリ妃殿下の前で失態を演じてしまうのではないかと不安で、もしよければリラックスできるように協力してくれないか?というものでした。

同じ立場の者として彼女の気持ちに深く共感したジュリーは、面接の時間より二時間早く到着し、港でベスtに会ったのです。

ベスがアイラと先に会って、アイラがホテルで待っているからと言ってそこに案内したのだそうです。

ですがその部屋には誰もおらず、ベスはアイラがちょっと出かけた様だから待っていようと言ったです。

するとそのとき・・・コンコンと部屋のドアをノックする音が聞こえました。

訪問者を対応するベスを待っているジュリーは、その状況がなんだかおかしいと感じ始めたのです。

ベスは知らない男とずっとこそこそ話しており、かすかに聞こえる彼らの会話から「アルンデル」という言葉を耳にしました。

危険を感じたジュリーはすぐに、奥の部屋の窓から飛び降りました。

大公妃殿下に早くお知らせしようと思ったのですが、飛び降りた際のケガで走ることができず・・・追ってくるアルンデルの者から逃げ身を隠しているうちに気を失ってしまったんだそうです。

 

ジュリー「そして・・・目が覚めたときには、もう全てが終わっていました」

エルザはレンに、アルンデルはもともとこんな風に大胆な行動をするのか?と聞いてみます。

彼らは長い間ずっと秘密裏に動いていたため、そんなことはないというレン。

ですが今回は自らをお取りにし、レンを目を引いてエルザを狙いました。

エルザ「・・・ベスは自分の魔法は主人から受けたものだと言っていたわ」

アルンデルの主が戻ってきたのだろうか・・・?その言葉に対し、レンは何も言いません。

レン「二人はもう戻って休んでください。後で十分な補償をしますから」

二人は頭を下げ、部屋を後にしました。

大した手掛かりはなさそうだが、取り急ぎ襲われた場所を調べた資料から・・・とエルザに話を始めたところ、彼女は何かに気づきます。

目線の先には、暗い表情で立っているエリーナでした。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第22話】の感想

無事目覚めたエルザには、冬の魔法を使えるようになった代償があるようです。

彼女自身、それを受け入れる気があるので問題はないのでしょうが、レンは気にしていますよね。

ただ今回の件で、二人の絆は深まったと思います。

エリーナはとても思い詰めた表情ですが・・・何か思うところがあるのでしょうか?

 

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第22話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク