ピッコマ|悪女は変化する【第18話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第18話】のあらすじ・ネタバレ

港まで送っていきたかったが残念だと言うレン。

エルザは、自分のみは自分で守れますし護衛の騎士たちもいるから大丈夫だと言います。

レン「そう言う意味じゃなくて・・・」

聞き返すエルザですが、レンは何でもないから気を付けてとその場で見送り、行ってしまいました。

するとエリーナは、やはりコートはもっと厚めにした方がいいからととってきてくれることになりました。

するともう一人の侍女がエリーナの事について話し始めます。

 

エリーナと歩いていたところ、他の使用人が2人でエルザのことを話していました。

「ロベリアの悪女」と言う名前の噂話をしているようで、南方には奥様を慕う人はいないらしいと明らかに悪く話しているのです。

もともとは贅沢を好んでおり、傲慢な人。

さらにたった一人の妹をものすごくいじめていたらしいと話す使用人。

するとエリーナが、噂話は止めなさいとその二人の間に入って言ったのです。

エリーナ「よく自分がお仕えする方のことを悪く言えるわね。恥を知りなさい」

するとその二人は頭を下げて謝り、耳にしただけの話をついしてしまい、軽率だったと言いました。

エリーナは、もしもまたこういうことがあったらタダじゃおかないと忠告してくれていたのです。

 

その話をした侍女は、エリーナは帝国ではウィンターナイトの次に強いとされるブルーベル侯爵家のご出身で、今まで誰のことも主人と認めたことが無い孤高の騎士だと言われていることを話しました。

その方がこんなに誠実にお仕えする姿をみると、なんだか不思議な気がするんだと言います。

そんなことがあったんだ・・・、とエルザ。

侍女はもちろん自分も噂話なんて信じていないとエルザを励まします。

知っている奥様はいつも思いやりがあり優しい方ですから!と本当の気持ちを話す侍女。

するとエリーナがコートを持って戻ってきました。

エリーナ「奥様、侍女長の候補たちがまもなく到着するそうです。そろそろ出発いたしましょう」

そして三人は、侍女長候補の人の元へと向かいました。

アルンデル

馬車の中で、最近の大公殿下は巡回に出ることが多くなったのだが、領地内に自分が知らない問題でもあるのかとエリーナに聞くエルザ。

するとエリーナは、実は二人が結婚してからアルンデルの動きを監視していることを伝えました。

「アルンデル」というのを知らないエルザは聞き返します。

冬を崇拝し邪悪な魔法をまき散らす一味の事だそうで、ウィンターナイトの宿敵とも言うのだと説明しました。

アルンデルはしつこく、そのため今までウィンターナイトはお屋敷に外部のものを入れたり一族の情報が外に漏れるのを極度に警戒してきました。

エルザが侍女長候補に外で会うのも、そういう事情があるのだと説明するエリーナ。

エルザは、レンは心配するとおもいわざと言わなかったのだろうか・・・?と不思議に思いました。

エルザが黙っていると、エリーナは心配しなくても大丈夫だと言ってくれます。

エリーナ「大公殿下はお強いですから。おそらくホワイト騎士団がみんなで飛び掛かっても勝てないでしょう。私達は一度も大公殿下のことを案じたことはありません」

その言葉を聞いて気持ちが楽になったと微笑むエルザ。

エリーナは、エルザのことは私がどんなことがあってもお守りすると心からの気持ちを真剣に伝えるのです。

 

エルザは少し俯き、前に一度騎士というのは誰よりも強く正直な存在だと思ったことがあると話し始めます。

エルザ「バカだったわ。結局彼らも人間だったのに、彼らの剣は主人を守ることができず彼らの言葉は剣よりも鋭かったのよ」

だから私は騎士を信じていない、その言葉にエリーナは反応しました。

エリーナ「騎士とは剣でものを言う存在なのです。私は私の剣で奥様に信じて頂きたいです。今すぐは難しいかもしれませんが・・・」

エルザは、私も努力してみると前向きな言葉をかけ、エリーナに笑顔が戻りました。

スポンサードリンク

侍女長候補

到着後、侍女長候補の二人に会いました。

一人は金色の神のアイラ。

もう一人は黒髪のべスです。

挨拶を交わし、エルザはもう一人の候補はどうしたのかと聞きます。

候補者は三人だと聞いていたのです。

ブラック騎士団の一人が、もう一人はレンジからウィンターナイトに向かって船で来ることになっていたのだが、そのものが行方不明になってしまったことを話しました。

船に乗ったのは確かな様で、身なりや特徴など人々に聞いて回ったのですが、船を下りた姿を見た者はいるもののそれ以降の行方がわからなくなっているのだそうです。

現在、港周辺を探しているのですが、手掛かりになるものは見つかっていないのです。

しばらく考えたエルザは、二人の候補者にこの状況についてどう思うのか聞いてみます。

ベスは、その現場に行って直接調べた方がいいと話、ウィンターナイト家に危害を加えようとする何者かが企てたことかもしれないと推測するのです。

一族の女主人でいらっしゃるエルザが、真相を明らかにするのがいいと話しました。

一方アイラは、それはあまりにも危険だと反対し、まずはここを離れた方がいいと提案します。

侍女長候補の身に何かあったということはつまり、妃殿下にも何か起こりうる予兆かもしれないと必死です。

ベス「どういう意味です?奥様の能力を見くびっているのかしら?」

アイラ「そういう意味ではなくて・・・」

黙って聞いていたエルザは、ベスの言う通りにしましょうと言いました。

止めるエリーナですが、エルザは自分に合い来た候補が危険な目に遭っているのを見過ごすわけにはいかない、と行く決心を固めています。

 

二人の候補者が向かおうとしているところで、エルザは小声でエリーナに声をかけます。

エルザ「リナ、今からは一段と気を引き締めるのよ」

エリーナは頷きます。

 

外に出て候補者の一人を探す一行。

細い路地の暗闇を見たベスは、「奥様あれをご覧ください!」と声を上げました。

皆がその方向を振り向き、ベスは路地へと走ってきました。

護衛騎士やエルザは待つように言うのですが、ここでおくから悲鳴が聞こえてきたのです。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第18話】の感想

この候補者、怪しいですよね。

明らかに外に出て怪しい何かを探すようにさせている気がします・・・。

ただまだ何が起こるのかはわかりませんが、アルンデルが関係している気がします。

きっと何か罠でも張っていると思うのですが、こんな時にレンもいないのでどう対処するのか、エルザの強さを見ることができそうです!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第18話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク