ピッコマ|悪女は変化する【第15話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第15話】のあらすじ・ネタバレ

レンと食事をとるエルザは、今日の事を話しています。

内容は、ヘブンとピースという騎士のケンカを止めたこと。

レンはずいぶんと変わったテストだと話を聞きながら話し、エルザは活気に満ち溢れた人達だと言います。

レン「怪我はなかったですか?」

エルザ「ええ、もしかして心配してくださっているんですか?」

ですがレンは首を振り、エルザなら上手く立ち振る舞えると信じていたと言いました。

 

食事が一通り終わり、一緒に散歩でもどうかとレンは誘ってくれました。

エルザもその提案にのり、二人は庭園の散歩に行くのです。

ウィンターデイ

夜の庭園を散歩していると、ある花が目に留まりました。

白くて小さな花。

レンはウィンターデイという花であることを教えてくれ、ウィンターナイトの領地だけでみられる夏の花なんだそうです。

エルザはこの密でケアをしてもらったことがあるので、覚えていると話します。

この花の名前は、残酷な冬の神からウィンターナイトを守るある少女の名前に由来していることをレンが教えてくれました。

 

遠い昔、冬の神がウィンターナイトの地に息を吹きかけました。

そのために延々と冬が続き、寒さに凍えて人々はバタバタと死んでいきました。

そのとき、一人の少女が現れたのです。

冬の神は少女に、「お前の心臓に冬を植え付けた」と言いました。

さらにふた月の間耐えることができなければ、冬は永遠に終わることはないと告げられてしまうのです。

少女は冬の神と取引を交わし、胸に冬を抱いたまま領地へと戻っていきました。

すると人々は、いつまでも終わらない寒さが全て少女のせいだと思うようになったのです。

「あいつさえいなくなれば!」

「死んでしまえ!」

「全てお前のせいだ!」

そうしてふた月が過ぎた日、少女は凍ったまま死んでしまいました。

やがて冬が終わる頃から、領地のあちこちで素朴な白い花が咲くようになりました。

その時、少女が冬を食い止めたことに人々は気が付いたのです。

 

エルザ「だから、ウィンターナイトの冬はふた月の間続くと言われるんですね」

悲しいけれど美しいお話だとエルザは言います。

ウィンターデイの物語は誰もが知っており、レンも子供の頃に母から聞かされていたのだそうです。

ここでエルザは、レンのお母様はどんな方だったのか?と聞いてみました。

レンの母は、小さな領地の出身で考古学を専攻しており、大公妃となった理由もウィンターナイトの領地について研究するためだったのだそうです。

ウィンターナイトをとても愛していたのだ・・・とエルザは感じました。

ここでレンから、エルザの両親はどんな方なのかと聞かれます。

少し考え込むエルザですが・・・二人とも聡明な方であること、それはここに嫁がせてくれたからだと答えました。

実際そのおかげで、エルザと出会えたのだとレンは言ってくれます。

エルザ「ええ、私もそう思って・・・」

ここで強い風が吹き、エルザの羽織が飛ばされそうになってしまいました。

するととっさにレンが抑えてくれ、そろそろ中にはいろうかと提案してくれたのです。

スポンサードリンク

そしてエリーナは?

ホワイト騎士団室。

エリーナの話が出ており、休暇を取ったのは恋人ができたのでは?とか、酒におぼれてしまったのか?片思いの人ができたのか?など・・・それぞれ賭け事を始めています。

そんな話をしている時に、部屋のドアがガチャガチャと音が鳴ったのです。

思いっきりドアをけりながら部屋に入ってきたのはエリーナで、誰がドアの鍵をかけたのかと怒っています。

部屋の中で賭けていた騎士たちは、何で休暇をとるのか言ってみろと挑発します。

皆エリーナが休暇をとる理由が知りたくて仕方がないんだとなだめる者もいますが、あんた達には関係ないとエリーナは突っぱねました。

「オレは知ってるぞ。あのエリーナが大公妃殿下の騎士になると申し出たのに、断られたのが原因だろ?これが切ない片思いじゃなかったら何なんだ?」

ですがエリーナは、それでも関係ない!!と強く言うのです。

そしてエリーナは団長などのサインが入っている書類を受け取り、総括執事に提出すればお休みを取っても大丈夫だと許可を得ました。

 

館の中を歩きながら、エルザに言われた「騎士を信用していない」という言葉を思いだすエリーナ。

何か理由でもあるのだろうか・・・?

すると侍女たちが話している声が聞こえてきました。

「誰も合格できなかったの?じゃあ適任者がいなかったのね」

「困ったわね」

奥様専属の侍女なんて憧れだと話す声が聞こえてきたので、エリーナはどういうことなんだろうと不思議に思い話を聞いています。

ここで何かを思いつくのです。

 

エルザのもとに、執事のルアンが報告に来ていました。

ユーリッヒはお屋敷にあるすべての彫刻品を磨き上げるという懲罰が下されたことで、エルザも了承しそのように進めるようにお願いしました。

ルアンは懲罰を検討しなくてもいいのか?と聞き返しますが、執事見習いのことは執事の判断が一番確かだと、ルアンの考えを通すことにしました。

ユーリッヒはまだ幼いのですが、時には自分の責務の重さを考える必要もあるというのが、エルザの考えです。

ここでルアンは、今朝エルザの専属侍女が決まったことを報告します。

侍女長が来るまでは臨時でお世話するのだそうです。

どの人なんだろう?と考えているところで、部屋のドアが開き誰かが入ってきました。

エリーナ「これから専属の侍女として奥様をお世話させて頂くことになりました、エリーナ・ブルーベルと申します」

リナとお呼びくださいと話すその女性は、侍女服に着替えたエリーナだったのです。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第15話】の感想

ん?エリーナの考えって、侍女になることだったんですね。

たしかにそうなると、エルザのもとにいることができます。

だとしてもそこまでして、なぜエルザの近くにいたいのでしょう・・・?

そこも不思議ですよね。

これから変わっていく環境に、エルザはどのようについていくのでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第15話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク