ピッコマ|悪女は変化する【第71話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第71話】のあらすじ・ネタバレ

ロベリア王宮にエルザとレンはいました。

朝を迎えエルザが目を覚ますと、横で寝ていたはずのレンが起きてこちらを見つめているのです。

エルザ「レン・・・」

レン「まだ早いですから、もう少し寝てていいですよ」

いつから起きていたのかとレンに聞くと、かなり前に起きていたのだそうです。

せっかくなので寝顔を眺めていたとレンに言われて、エルザは顔を真っ赤にしました。

エルザ「人に見せるほどのものではないのに・・・」

もしかしたら寝言を言っていたかもしれないと思い、恥ずかしくなってシーツで顔を隠します。

レン「心配しなくていいですよ。とても静かに寝てましたから。でも寝言を言うエルザも可愛かったでしょうね」

少しいじけたエルザは、レンに背中を向けます。

レン「??」

エルザ「レン・・・そのセリフ、気持ち悪い・・・」

レン「!!」

気持ち悪いと言われて傷ついたレンですが、エルザは楽しそうに笑っています。

レン「罰を与えなくては・・・」

エルザ「え?」

レンはエルザの後ろから抱きしめて、シーツをかけました。

幸せな朝

裸で横になったまま、エルザは朝早くからこんなことをしてしまうなんて、罪を犯した気分だと恥ずかしくなりました。

もちろん悪くはなかったのですが、なぜか気になってしまうのです。

レン「ロベリアに来てから最高の朝でしたよ」

エルザ「レン、そんなこと言わないで・・・」

するとレンは笑います。

レン「リリエル令嬢とクロッカス公爵のことで、ずっと気を遣っていることはわかっていました」

そしてリリエルのことは時間を作ってもう一度話し合おうと言ってくれたのです。

そう簡単には受け入れることができる話ではないと、レンも分かってくれています。

レン「彼女がどんな選択をしても、エルザが責任を感じる必要はありません。エルザは最善を尽くしたんですから、後は彼女次第でしょう」

エルザ「ええ・・・そうですね。レン、ありがとう」

二人は見つめ合い、微笑みました。

レン「もう少し寝ててください。もっと休んだ方がいいですよ」

エルザ「ええ・・・でもレンだって最近大変だったんじゃ・・・」

レンはエルザを抱きしめて、もう少し寝ることにすると答えました。

スポンサードリンク

身支度中の訪問者

エルザ「本当にレンが髪をとかしてくれるんですか?」

起きてから着替えると、レンは前からやってみたかったんだと、エルザの髪の毛をとかすことにしました。

レン「本当に美しい髪ですね」

エルザの髪の毛に触れて幸せそうにしている蓮。

離れたところから見ているエリーナは、私の仕事を取られてしまったと寂しそうな目で二人を見つめています。

コンコン・・・と、部屋のドアのノックがなりました。

 

エリーナ「どなたでしょうか?奥様はまだ・・・」

部屋の前にいたのは、セシルとルイーザです。

セシル「ごきげんよう、ブルーベル卿。セシリアとルイーザです」

その声に気づいたエルザはいらっしゃいと言い、二人の元に駆けつけました。

ルイーザ「ごきげんよう、ランチはもう済ませました?」

エルザ「ええ、こちらにお座りになって!」

するとルイーザは、ちょうど身支度が始まったみたいでよかったと嬉しそうにしています。

どうしてなのかエルザが聞いたので、ルイーザが話出そうとしたところで・・・セシルがあることに気づきました。

セシル「ん?大公殿下がどうしてここに・・・」

ルイーザ「・・・?」

顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしているエルザを見て、二人はあることに気づきます。

ルイーザ「あらやだ!」

セシル「突然お邪魔して失礼いたしました。お二人がご一緒だとは知らずに・・・」

頭を下げて挨拶をすると、レンも恥ずかしそうにしているのです。

レン「エルザ・・・!」

エルザ「あははっ、ごめんなさい」

思わず笑ってしまったエルザは、やはり身支度の時は他のところでお休みになった方がいいと思うとレンに言います。

レンは少し残念そうにしていますが、わかりましたと部屋から出ることにしました。

レン「隣の部屋にいますから、必要なことがあればいつでも来てください」

エルザ「ありがとう、そうします」

そして残念そうに部屋からレンは出て行きました。

今日のパーティーに・・・

なんだか今日はいつもと違ってレンが甘えているような気がする・・・と、エルザは感じていました。

最近一緒にいる時間が全然なかったからかもしれないと思い、少し微笑みます。

セシル「幸せそうね、エルザ」

エルザ「セシル・・・」

ルイーザ「よかったわ・・・実はみんな心配してたの。だってここは・・・アマリリスじゃないもの」

ですがエルザは笑顔で、前もそんなことは全然気にしていなかったから大丈夫だと笑顔で答えました。

 

お茶の準備が整い、三人で会話を楽しんでいます。

エルザ「ところで・・・お二人はどうしてここまで?」

夜のパーティーに行くのであれば、もう身支度を始めなければならない時間なのです。

セシル「もしよかったら、私の部屋に行って身支度をしませんか?ドーラン・カレンからエルザのプレゼントを預かってるの」

エルザ「ドーラン・カレンから?まさか・・・」

それは最新トレンドの綺麗なドレスだそうで、二人も一着ずつ頂いたんだと話します。

エルザはアマリリスに戻ったらちゃんとお礼を言わないと・・・と気にしていると、ルイーザが他の夫人たちからの予約を後にしてまで丁寧に仕立ててくれたことを伝えます。

ルイーザ「特別な意味を込めたって言ってたわ」

エルザ「特別な意味?」

それは・・・、美しくて優しい大公妃殿下を悪女呼ばわりしたロベリア社交界に一発食らわせろ!と、念を込めて帝国最高のデザイナーが仕立てたドレスなんだと二人は対抗心で燃えています。

ルイーザ「もしも今日のパーティーでエルザを変な目で見る貴族がいたら、覚悟した方がいいわね」

セシル「そうよ、身の程を思い知らせてやるわ!」

すると後ろにいたエリーナも、持って行く宝石を準備しておくと気合い十分!

ルイーザはできるだけ大きくて輝く宝石をお願いしました。

エリーナ「お任せください」

ルイーザとセシルは嬉しそうに手を合わせ、エリーナも微笑みエルザはとても幸せそうな笑顔を見せました。

エルザ「みんな、心配してくれてありがとう」

 

 

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第71話】の感想

なんて幸せな話なんでしょうか・・・。

エルザはレンに大切にされ、そして大切な友人に囲まれて・・・。

とても幸せそうな笑顔を見せていました!

これもエルザの人柄があってからこそなので、それに気づけなかったロベリアの人たちは本当にダメだなぁと・・・(笑)

そして夜はパーティーで、エルザもドーラン・カレンの新作ドレスで参加します。

きっとレンも一緒でしょうから、ここにリリエルがいれば・・・(笑)

早くレンとの幸せな空間を、リリエルに見せてほしいです!!!

次回が楽しみですね!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第71話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク