ピッコマ|悪女は変化する【第45話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

スポンサードリンク

悪女は変化する【第45話】のあらすじ・ネタバレ

紺のドレス、先日レンに買ってもらったイヤリングとネックレスを身に着け、エルザの準備が終わります。

ラシア・バレンシア。

いくら恐ろしい目に遭ったとはいえ、自分の命を救ってくれたレンを怪物扱いし、その後すぐにバラディミール皇子の恋人になった女。

レンはもう全て過去の話だと言うけれど、エルザはラシアのことを不愉快に感じていました。

 

食事を楽しむ一行。

レンとエルザはまだ来ていません。

グラスのワインを口に運びながら、ラシアの表情は少し暗く見えます。

アナスターシャ皇女はラシアに、今日は特にキレイでまるで皇室にあるミューレン人形みたいだと褒めました。

人形だなんてとんでもないと、ラシアは笑顔を見せますが・・・・。

ここでエルザとレンがやってきたのです。

エルザ「みなさん、にぎやかでいらっしゃいますこと!」

至らない点もあるかと思いますが、心を込めて晩餐の準備をさせていただきましたので、楽しいひと時をお過ごしくださいと付け加えます。

祝杯

ニコライ「星が煌煌と輝く今宵、祝杯をあげようではないか」

と言いながらグラスを持ちますが、上に上げようとはしません。

どうしてグラスを持ち上げないのか?と、ラシアが不思議そうにしていると、エルザが続けたのです。

エルザ「長く持つその終わりには、喜びがあるだろう」

レン「変わらぬ友よ、赤きワインで恋しさを洗い流そう」

喜びが盃に満ちてくる、さあみんなで乾杯しよう!と、ここでグラスを持ち上げました。

バラディミール皇子の事をちらっとラシアが見ますが、彼は何事もなかったかのようにワインを口にしているのです。

ニコライ「大公妃がこの昔ながらの乾杯の言葉を知っているとは思わなかったな」

エルザ「ウィンターナイトの女主人ですから。アマリリスに関するすべての事を知りたいと思っていたんです」

ですがこの乾杯の言葉は、アマリリスの貴族でさえ知らない者が多いそうで、どこで覚えたのかニコライは聞きます。

有能な執事が探してくれた本にあったんだと教えるエルザ。

アナスターシャ皇女「あぁ、そういえばラシアはこの乾杯の言葉知らないわよね?」

ラシア「ええ、でもおかげで新しいことを覚えました。とても・・・興味深いですわ」

アナスターシャ皇女はすぐにエルザの方を向き、今日はとても綺麗だとと褒めます。

そのドレスは誰の仕立てなのか気になったようで質問するのです。

エルザ「お褒め頂きありがとうございます。皇女様、これはドーラン・カレンのものですわ。今日の晩餐に合うものを選んだんですよ」

アナスターシャって呼んでと言ったのに、と可愛くお願いする彼女に、友達になったなんて信じられなくて・・・とエルザは申し訳なさそうにしています。

ドーラン・カレンの服と言えば・・・・、もうすぐ首都にいるほとんどの女性がこんなドレスを着て街を歩くんでしょうと、アナスターシャ皇女は話します。

ですが実際その中には、本当にドーラン・カレンが仕立てたドレスを着ている人はほとんどいないのだそうです。

アナスターシャ皇女「ラシア、あなたのドレスもドーラン・カレンのものだったかしら?」

ラシア「いいえ、私のはミス・ミシェルのドレスですわ」

アナスターシャ皇女「あぁ・・・ミス・ミシェルも最近人気があるらしいわね・・・」

微笑みながらも褒めてくれないアナスターシャ皇女の様子を見て、ラシアは少し悔しそうな表情をしています。

 

エルザから少し離れたところにあるお皿を手にしたレンは、これはエルザが好きなものだから取ってあげると優しく言ってくれます。

エルザを見つめるレンの視線はとても優しいもので、誰がみてもわかるほどです。

レオドリック皇子「ゴホッゴホッ!!」

急にむせだした彼の様子を見て、不思議そうなエルザ。

ですがアナスターシャ皇女は嬉しそうに、愛妻家になったという噂は本当だったんだと目を輝かせます。

思わずニコライは止めますが、バラディミール皇子は間違ったことは言っていないからとなだめます。

アナスターシャ皇女「エルザネス!これって本当に驚くべきことなのよ!」

レンはもともと人の食事の世話をするような人じゃないんだからと、嬉しそうに話します。

エルザ「そうかしら?初めて会ったときから思いやりがあって親切でしたけど・・・」

そう話しながらレンの手を優しく握ります。

エルザ「今はその時よりももっと優しいんですよ。だからとっても幸せで毎日が夢のようなんです」

照れてるレンが珍しいと、アナスターシャ皇女は微笑みます。

アナスターシャ皇女「私達毎年のようにここに来るけれど、お兄様のこんなに優しい表情は初めて見たわ!」

楽しそうな雰囲気、盛り上がっている会話。

ラシアは1人取り残されたように感じ、どことなく寂しさを感じています。

 

バラディミール皇子「君が領地をしっかり管理しているという功績は噂になっているよ。首都まで伝わってくるウィンターナイトの評判もいつも良いことばかりだ」

レン「そんな大げさな・・・いつもと変わりませんよ」

するとラシアはフォークを置き、暗い表情で黙ってしまいました。

そんな彼女の様子を、レンは横目で見ているのです。

スポンサードリンク

ラシアの動き

晩餐が終わり、皆部屋へと帰っていきます。

アナスターシャ皇女「エルザネス、ちょっと待って!」

少しだけ一緒に散歩しませんか?と彼女が駆け寄ってきました。

エルザ「いいですね、行きましょう」

そしてアナスターシャ皇女はラシアを誘いますが、体調が悪いから休むとそのまま部屋に行ってしまうのです。

 

一人になったラシアは、怒りを露わにしながら歩いています。

自分の存在なんてまるで忘れたみたいに盛り上がっていたことが不愉快で、血筋が違うとでも言いたいのか!?と怒っています。

どうしてみんな大公夫妻を一生懸命持ち上げているの?

バルだってついこの間まで大公家をバカにするようなことを言っていたくせに・・・と、怒りが止まりません。

そしてあのレンの優しそうな顔。

私の前では一度だってあんな顔はしていない!と思いだすだけで怒りで体が震えてきます。

「バレンシア男爵令嬢」

後ろから声をかけてきたのはレン。

レン「少しお話できませんか?」

ラシアは何かを企んでいるような笑顔を見せるのです。

 

ラシア「もちろんよ、ルカルエン」

レン「ウィンターナイト大公です」

ラシア「あらごめんなさいルカルエン。まだ私に拒絶されたときの傷が消えないのね、でも・・・」

するとレンの表情が冷たく変わり、手短に済ませると話し始めたのです。

レン「私の妻に余計なことをしないでいただきたい」

ビクッと身体が震え、それはどういうことなのか聞き返すラシア。

レンの表情、周りの空気は一気に冷たく変わります。

ラシア「何よその顔は・・・私が何をしたっていうの・・・?」

レン「まだ何もしてませんが、何かするつもりでしょう?言っておきますが、あなたの自己満足の為に私の妻を利用するのはやめてほしい」

「僕は彼女がつまらないことで気分を害するところを見たくないんでね」

ラシアはレンの名前を呼びながら体に触れようとしますが、簡単によけられてしまいます。

レン「バケーションの間は部屋でゆっくり休まれた方がいいですよ、それでは・・・バレンシア男爵令嬢」

それだけ言うと、レンは行ってしまいました。

ラシア「・・・ウソよね」

一人取り残されたラシアは、まだ信じられない様です。

 

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第45話】の感想

エルザの勝ちですね!(笑)

何もしなくても、周りがついて来てしまうほどの雰囲気。ラシアとは大違いです!

そしてラシアは、レンにも冷たくあしらわれてしまい・・・。

バラディミール皇子のみとなってしまいました。

ですがバラディミール皇子も、前回何かを感じ取っているようで、もしかするとラシアの性格に気づいているのかもしれません。

ラシアがこのままエルザに何もしなければいいのですが・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第45話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

U-NEXT
4.5

U-NEXTは月額料金が31日間無料&登録時に600P付与!お好きな漫画を無料&お得に読めるサービスです。
映画・ドラマ・アニメの動画見放題もあるので、無料期間を存分にお楽しみいただけますよ!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

スポンサードリンク